SDDC 内のクラスタに、非準拠のデフォルト ストレージ ポリシーがある場合、VMC コンソールにアラートが表示されます。

クラスタ ストレージ ポリシーのコンプライアンス維持は、ベスト プラクティスです。非準拠のストレージ ポリシーは、SLA 要件に悪影響を与える可能性があります。

この問題を修正するには、VMware 管理対象ストレージ ポリシーを使用するようにクラスタを更新し、SLA(サービス レベル アグリーメント)スケールとしてデフォルト ストレージ ポリシーが遵守状態を維持するようにできます。または、SLA(サービス レベル アグリーメント)要件に準拠するカスタム ストレージ ポリシーを適用するためにクラスタを編集できます。管理対象ストレージ ポリシーと SLA(サービス レベル アグリーメント)要件の詳細については、VMware Cloud on AWS 管理対象ストレージ ポリシーのプロファイルを参照してください。

手順

  1. 更新するクラスタを選択します。
    1. SDDC カードをクリックします。
    2. 更新するクラスタのカードで、[アクション] > [デフォルト ストレージ ポリシーの設定] の順に選択します。
  2. ストレージ ポリシーを更新します。
    • [管理対象ストレージ ポリシーの更新] をクリックし、クラスタを管理対象ストレージ ポリシーに更新します。
    • [vCenter Server への接続] をクリックして、ポリシーを手動で更新します。