SDDC 仮想マシンのカスタマイズのワークフローでは、vSphere Guest Operations API または PowerCLI の Invoke-VMScript および Copy-VMGuestFile コマンドレットを使用できます。

前提条件

手順

  1. 仮想マシンで VMware Tools の最新バージョンが実行されていることを確認します。
  2. 直接またはシンプルな PowerCLI コマンドレットを使用して Guest Operations API にアクセスできることを確認します。
    次のようなコマンドレットを使用して、IP アドレスが 10.100.1.1 の ESXi ホストのポート 443 に到達できるかどうかをテストします。
    PS C:\Users\admin>Test-NetConnection -Port 443 -ComputerName 10.100.1.1
    応答が True または TcpTestSucceeded の場合は、テストが成功したことを示します。

例: PowerCLI Invoke-VMScript コマンドレットの使用

ホスト上のポート 443 へのトラフィックを許可するネットワーク接続を確立した後、直接または以下に示す PowerCLI を介して Guest Operations API を使用できます。API およびコマンドレットの要求が、対象となる仮想マシン(ここでは Win10-Example)が実行されているホスト上のポート 443 に送信されます。仮想マシンで実行されている VMware Tools は、要求されたゲスト操作を処理します。

PS C:\Users\admin> $vm = Get-VM Win10-Example
PS C:\Users\admin> Invoke-VMScript -ScriptText "dir C:\" -VM $vm -GuestUser admin -GuestPassword $passwd"

ScriptOutput
------------------------------------------------------
|
| Directory: C:\
|
| ...