Cloud Gateway Appliance のインストールをスクリプト化または自動化するには、コマンドライン インストーラを使用します。

コマンド vcgw-deploy を使用してコマンドラインから vCenter Cloud Gateway Appliance をインストールします。アプライアンスのインストールに加えて、vcgw-deploy を使用してインストール テンプレートを検証し、インストールの事前チェックを実行できます。vcgw-deploy のオプションをすべて確認するには、vcgw-deploy install --help を実行します。

前提条件

ハイブリッド リンク モードの前提条件の前提条件を満たしていることを確認します。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [ツール] タブをクリックします。
  3. Gateway Appliance の [ダウンロード] をクリックします。
    My VMware に移動します。ここで、アプライアンスのインストーラの ISO イメージをダウンロードします。
  4. インストールの JSON テンプレートを準備します。
    1. インストーラの ISO イメージで、cli-installer/templates フォルダを参照します。
      このフォルダには、 vCenter Cloud Gateway ApplianceESXi ホストに直接、または vCenter Server システムを介してインストールするためのサンプル JSON テンプレートが含まれています。
    2. テンプレートを作業ディレクトリにコピーし、編集して必要なパラメータを追加します。
      利用可能なテンプレート パラメータの詳細については、オプション --template-help を使用してインストーラを起動します。たとえば、Windows では、 vcgw-deploy.exe install --template-help と入力します。
  5. コマンドラインから、cli-installer フォルダに移動して、インストールの事前チェックを実行します。
    • Windows OS の場合は、vcgw-deploy.exe install path-to-template --precheck-only と入力します。
    • Linux OS の場合は、vcgw-deploy install path-to-template --precheck-only と入力します。
    • Mac OS の場合は、vcgw-deploy install path-to-template --precheck-only と入力します。
    事前チェックでは、指定されているテンプレートとパラメータに関する問題が特定されるため、インストールを開始する前にエラーを修正できます。
  6. インストーラを起動します。
    • Windows OS の場合は、vcgw-deploy.exe install path-to-template --accept-eula と入力します。
    • Linux OS の場合は、vcgw-deploy install path-to-template --accept-eula と入力します。
    • Mac OS の場合は、vcgw-deploy install path-to-template --accept-eula と入力します。

次のタスク

Gateway Client ユーザー インターフェイスから vCenter Cloud Gateway Appliance をクラウド SDDC にリンクするの説明に沿って、vCenter Cloud Gateway Appliance をクラウド SDDC にリンクします。

注:

アプライアンスをインストールした後、VMware ナレッジベースの記事 KB67158 のガイドラインに沿って、アプライアンス ログを収集するよう設定することを検討してください。アプライアンス ログは、サポートを要求するときに役立ちます。