vSphere DRS は、SDDC 内の仮想マシン全体に対して最適なリソース割り当てを行います。オンプレミス環境では、いくつかのオプションを設定できます。たとえば、完全に自動化された DRS を使用することや、推奨を受け入れることができます。VMware Cloud on AWSSDDC では、VMware がホストのクラスタに対して vSphere DRS のオプションを事前に設定しています。

VMware は、発生する移行の数を最小限に抑えながら最適なリソース配布を行う設定を選択しています。これらの設定は変更する必要がないため、変更できません。事前構成済みの値は、参考値として使用できます。

注: シームレスなユーザー エクスペリエンスを実現するため、オンプレミス SDDC と VMware Cloud on AWS SDDC では、クラスタやリソース プールの構成、監視、確認を行う画面が統一されています。ただし、 VMware Cloud on AWS[編集] ボタンは灰色で表示されます。

手順

  1. vSphere Client[メニュー] をクリックし、[ホストおよびクラスタ] を選択します。
  2. [Cluster-1] を選択します。
    VMware Cloud on AWSでは、単一クラスタに設定が保持されます。設定は事前に定義されているため、別のクラスタは必要ありません。
  3. DRS の設定を確認します。クラスタ全体でのリソース割り当てが完全に自動化されています。
    ユーザー インターフェイスに、詳細が表示されます。詳細については、『 vSphere リソース管理』ドキュメントを参照してください。