vCenter Serverでは、イベント、アラーム、最近のタスクのログが記録されます。vSphere Client から、VMware Cloud on AWS のイベント、アラーム、タスクを確認できます。

  • イベントは、vCenter Serverのオブジェクトまたはホストで発生した、ユーザー アクションまたはシステム アクションの記録です。

  • アラームは、インベントリ オブジェクトのイベント、条件のセット、または状態に応じて起動される通知です。

詳細については、『vSphere の監視およびパフォーマンス』ドキュメントを参照してください。

手順

  1. イベント コンソールを表示するには、[メニュー] > [イベント] の順に選択します。
    イベントを選択して詳細を表示したり、コンソール表示を並べ替えたりできます。 [次へ] をクリックすると、古いイベントを表示できます。
  2. タスク コンソールを表示するには、[メニュー] > [タスク] の順に選択します。
    タスクを選択して詳細や関連イベントを表示したり、コンソールの表示を並べ替えたりできます。 [次へ] をクリックすると、古いタスクを表示できます。
  3. アラームは複数の方法で表示できます。
    • アラームが関連付けられているオブジェクトには、オブジェクト階層にアラーム アイコンが表示されます。オブジェクトの [サマリ] タブを選択すると詳細を表示できます。
    • vSphere Clientの下部にある [アラーム] を選択すると、最近のアラームとタスクを表示できます。関連するオブジェクトをクリックすると内容を確認できます。
      注: アラーム付きのオブジェクトがリンクされた vCenter Serverシステムの場合、問題が深刻すぎると、そのオブジェクトの内容を確認できないことがあります。