仮想マシンの初期展開、またはクローン作成や移行などの他の仮想マシン操作の実行時に、仮想マシン ストレージ ポリシーを割り当てることができます。

ここでは、仮想マシンの作成時に仮想マシン ストレージ ポリシーを割り当てる方法を説明します。クローン作成やテンプレートからの展開など、その他の展開方法については、『vSphere の仮想マシン管理』ドキュメントを参照してください。

同じストレージ ポリシーを、仮想マシンの構成ファイルとそのすべての仮想ディスクに適用することができます。仮想ディスクと構成ファイルのストレージ要件が異なる場合は、別のストレージ ポリシーを仮想マシンの構成ファイルおよび選択した仮想ディスクに関連付けることができます。

手順

  1. vSphere Clientで、仮想マシンのプロビジョニング プロセスを開始し、適切な手順に従ってください。
  2. すべての仮想マシンのすべてのファイルおよびディスクに同じストレージ ポリシーを割り当てます。
    1. [ストレージの選択] ページで、[仮想マシン ストレージ ポリシー] ドロップダウン メニューからストレージ ポリシーを選択します。
      ストレージ ポリシーは、その設定に基づいて、すべてのデータストアを互換性があるものとないものに分類します。ポリシーが特定のストレージ エンティティ(Virtual Volumes など)から提供されるデータ サービスを参照する場合、互換性リストには、そのタイプのストレージのみを示すデータストアが含まれます。
    2. 互換性のあるデータストアのリストから適切なデータストアを選択します。
      そのデータストアは、仮想マシン構成ファイルとすべての仮想ディスクのターゲット ストレージ リソースとなります。
  3. 仮想ディスクの仮想マシン ストレージ ポリシーを変更します。
    仮想ディスクごとにストレージ配置の要件が異なる場合は、このオプションを使用します。このオプションを使用して、キャッシュ、レプリケーションなどの I/O フィルタ サービスを仮想ディスクで有効にすることもできます。
    1. [ハードウェアのカスタマイズ] ページで、[新規ハード ディスク] ペインを展開します。
    2. [仮想マシン ストレージ ポリシー] ドロップダウン メニューから、仮想ディスクに割り当てるストレージ ポリシーを選択します。
  4. 仮想マシンのプロビジョニング プロセスを完了します。

結果

仮想マシンの作成後は、割り当てられたストレージ ポリシーとそのコンプライアンス ステータスが [サマリ] タブに表示されます。

次のタスク

構成ファイルまたは仮想ディスクのストレージ配置要件を変える場合は、後で仮想マシン ポリシーの割り当てを変更できます。