vSAN では、vSAN データストアに展開する仮想マシンに、少なくとも 1 つのストレージ ポリシーを割り当てる必要があります。仮想マシンのプロビジョニング時にストレージ ポリシーを明示的に割り当てない場合、vSAN のデフォルト ストレージ ポリシーが仮想マシンに割り当てられます。

デフォルト ポリシーには、vSAN ルール セットと一連の基本的なストレージ機能が含まれ、通常、vSAN データストアに展開する仮想マシンの配置に使用されます。

表 1. vSAN のデフォルト ストレージ ポリシーの仕様
仕様 設定
許容されるプライマリ レベルの障害数 1
オブジェクトあたりのディスク ストライプの数 1
フラッシュ読み取りキャッシュの予約、つまり読み取りキャッシュに使用されるフラッシュ容量 0
オブジェクト容量の予約 0
注: オブジェクト容量の予約をゼロに設定すると、仮想ディスクがデフォルトでシン プロビジョニングされることになります。
強制プロビジョニング いいえ

デフォルトの仮想マシン ストレージ ポリシーの設定の確認は、[仮想マシン ストレージ ポリシー] > [vSAN のデフォルト ストレージ ポリシー] > [管理] > [ルール セット 1: vSAN] の順に移動して行うことができます。

最適な結果を得るには、デフォルトのストレージ ポリシーと同じ要件であっても、独自の仮想マシン ストレージ ポリシーを作成して使用することをお勧めします。クラスタをスケール アップするとき、場合によっては、VMware Cloud on AWS のサービス レベル アグリーメント (SLA)の要件を遵守するためにデフォルトのストレージ ポリシーを変更する必要があります。ユーザー定義の仮想マシン ストレージ ポリシーの作成については、vSANの仮想マシン ストレージ ポリシーの定義を参照してください。

ユーザー定義のストレージ ポリシーをデータストアに割り当てた場合、vSAN は指定されたデータストアにユーザー定義ポリシーの設定を適用します。vSAN データストアには、1 つの仮想マシン ストレージ ポリシーのみをデフォルト ポリシーとしていつでも割り当てることができます。

特性

vSAN のデフォルト ストレージ ポリシーの特性は、次のとおりです。

  • 仮想マシンをプロビジョニングするときに他の vSAN ポリシーを割り当てなかった場合は、vSAN のデフォルト ストレージ ポリシーがすべての仮想マシン オブジェクトに割り当てられます。[ストレージの選択] ページの [仮想マシン ストレージ ポリシー] テキスト ボックスは、[データストアのデフォルト] に設定されます。ストレージ ポリシーの使用方法の詳細については、『vSphere のストレージ』ドキュメントを参照してください。
    注: 仮想マシンのスワップと仮想マシンのメモリ オブジェクトは、 [強制プロビジョニング][はい] に設定された vSAN のデフォルト ストレージ ポリシーを受け取ります。
  • vSAN のデフォルト ポリシーは、vSAN データストアのみに適用されます。NFS や VMFS データストアなど、non-vSAN データストアにデフォルト ストレージ ポリシーを適用することはできません。
  • デフォルトの仮想マシン ストレージ ポリシーは vCenter Server のどの vSAN データストアとも互換性があるため、デフォルト ポリシーを使用してプロビジョニングされた仮想マシン オブジェクトを vCenter Server の任意の vSAN データストアに移動できます。
  • デフォルト ポリシーのクローンを作成して、ユーザー定義のストレージ ポリシーを作成するためのテンプレートとして使用できます。
  • StorageProfile.View 権限がある場合は、デフォルト ポリシーを編集できます。少なくとも 1 台のホストを含む vSAN 対応クラスタが 1 つ以上必要です。通常は、デフォルト ストレージ ポリシーの設定を編集しないでください。
  • デフォルト ポリシーの名前や説明、または vSAN ストレージ プロバイダの仕様は編集できません。ポリシー ルールを含む他のすべてのパラメータは編集できます。
  • デフォルト ポリシーは削除できません。
  • 仮想マシンをプロビジョニングするときに割り当てたポリシーに vSAN 固有のルールが含まれていない場合は、デフォルト ストレージ ポリシーが割り当てられます。