vSphere HA は、仮想マシンの可用性を確保します。あるホストで障害が発生した場合、vSphere HA は別のホストで仮想マシンを再起動します。VMware Cloud on AWSSDDC では、VMware が障害の発生したホストを直ちに置き換えるため、SDDC のすべてのリソースが常に利用できます。

注: シームレスなユーザー エクスペリエンスを実現するため、オンプレミス SDDC と VMware Cloud on AWS SDDC では、クラスタやリソース プールの構成、監視、確認を行う画面が統一されています。ただし、 VMware Cloud on AWS[編集] ボタンは灰色で表示されます。

手順

  1. vSphere Client[メニュー] をクリックし、[ホストおよびクラスタ] を選択します。
  2. [Cluster-1] を選択します。
    VMware Cloud on AWSでは、単一クラスタに設定が保持されます。設定は事前に定義されているため、別のクラスタは必要ありません。
  3. vSphere HA の設定を確認します。設定は、クラウド環境に最適化されています。
    設定 説明
    vSphere HA が有効 vSphere HA が有効の場合、仮想マシンはホストの障害から保護されています。
    Proactive HA が無効 VMware が障害の発生したホストを直ちに置き換えるため、VMware Cloud on AWS環境に Proactive HA は不要です。
    障害の状態と応答 VMware Cloud on AWSはハードウェア レベルで保護されているため、vSphere HA の一部の機能は無効になっています。クラウドでこれらの機能を有効にしても効果がありません。
    アドミッション コントロール 予約されている CPU とメモリ容量が表示されます。指定されたフェイルオーバー容量がクラスタにない場合は、追加の仮想マシンを起動できません。
    詳細オプション クラウド SDDC に事前設定されている詳細オプションの設定が表示されます。

    オンプレミス vSphere 環境で可用性を確保する vSphere HA などの機能の詳細については、『vSphere 可用性』ドキュメントを参照してください。オンプレミスの管理者が管理する機能の多くは、VMware Cloud on AWSで事前設定されています。

  4. vSphere HA イベントの詳細については、[vSphere HA のモニタリング] リンクをクリックしてください。