仮想マシンには Flash Read Cache を設定できます。Flash Read Cache を有効にするとブロック サイズとキャッシュ サイズを指定して予約ができます。

  • [ブロック サイズ] とは、キャッシュに格納される連続したバイトの最小数です。ブロック サイズは公称のディスクのブロック サイズ 512 バイトよりも大きく、4 KB と 1024 KB の間に設定できます。ゲスト OS が単一の 512 バイトのディスク ブロックに書き込む場合、周囲のキャッシュ ブロック サイズのバイトがキャッシュされます。キャッシュ ブロック サイズとディスク ブロック サイズを混同しないでください。
  • [予約] とは、キャッシュ ブロックの予約サイズです。256 キャッシュ ブロックの最小数があります。キャッシュ ブロック サイズが 1 MB の場合、最小キャッシュ サイズは 256 MB になります。キャッシュ ブロック サイズが 4 KB の場合、最小キャッシュ サイズは 1 MB になります。

サイズ設定のガイドラインについては、VMware Web サイトのホワイト ペーパー『Performance of vSphere Flash Read Cache in VMware vSphere』を参照してください。

前提条件

クライアント コンピュータ上の仮想フラッシュ リソースを設定します。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
  2. [仮想ハードウェア] タブで、[ハード ディスク] を展開してディスク メニュー項目を表示します。
  3. [仮想 Flash Read Cache] テキスト ボックスに値を入力します。
  4. (オプション) ブロック サイズおよびキャッシュ サイズの予約を選択します。
    クライアント 手順
    vSphere Client vSphere Client でブロック サイズとキャッシュ サイズの予約を指定することはできません。
    vSphere Web Client
    1. [仮想 Flash Read Cache] テキスト ボックスの隣にある [詳細] をクリックします。

      [仮想 Flash Read Cache 設定] ダイアログ ボックスが開きます。

    2. [仮想 Flash Read Cache の有効化] をクリックします。
    3. [予約] テキスト ボックスにキャッシュ サイズの予約を入力し、ドロップダウン メニューから単位を選択します。
    4. [ブロック サイズ] ドロップダウン メニューから、ブロック サイズを選択します。
    5. [OK] をクリックします。
  5. [OK] をクリックします。