vSphere Client では、ローカルまたはサブスクライブ済みコンテンツ ライブラリを作成できます。コンテンツ ライブラリを使用すると、コンテンツの格納と管理を 1 つの vCenter Server インスタンスで行えます。または、vCenter Server インスタンス間でコンテンツを配布して、大規模なデプロイ ワークロードを促進し、一貫性を高めることかできます。

ローカル コンテンツ ライブラリを作成し、テンプレートやその他のタイプのファイルをポピュレートできます。コンテンツ ライブラリのテンプレートを使用して、仮想環境で仮想マシンまたは vApp をデプロイできます。他の vCenter Server インスタンスのユーザーと、自分のローカル ライブラリのコンテンツを共有することもできます。

既存の公開済みローカル ライブラリのコンテンツを自由に使用するために、購読済みライブラリを作成することもできます。

前提条件

必要な権限:
  • ライブラリを作成する vCenter Server インスタンス上の コンテンツ ライブラリ.ローカル ライブラリの作成 または コンテンツ ライブラリ.購読済みライブラリの作成
  • データストア.容量の割り当て (展開先のデータストアが対象)。

手順

  1. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に選択します。
  2. [新しいコンテンツ ライブラリの作成] アイコン([新しいコンテンツ ライブラリの作成] ウィザードが開きます)をクリックします。
    [新しいコンテンツ ライブラリ] ウィザードが開きます。
  3. [名前と場所] 画面で、名前を入力し、コンテンツ ライブラリの vCenter Server インスタンスを選択して、[次へ] をクリックします。
  4. [コンテンツ ライブラリの設定] 画面で、作成するコンテンツ ライブラリのタイプを選択し、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    ローカル コンテンツ ライブラリ

    ローカル コンテンツ ライブラリには、デフォルトで作成した vCenter Server インスタンスからのみアクセスできます。

    1. (オプション) ライブラリのコンテンツを他の vCenter Server インスタンスで使用可能にするには、[公開の有効化] を選択します。
    2. (オプション) 同期を最適化するには、[HTTP 経由での同期のために最適化] を選択します。
    3. (オプション) コンテンツ ライブラリへのアクセスにパスワードを要求する場合は、[認証の有効化] を選択してパスワードを設定します。
    サブスクライブ済みコンテンツ ライブラリ サブスクライブ済みコンテンツ ライブラリは、公開コンテンツ ライブラリを基にしています。このオプションを使用すると、既存のコンテンツ ライブラリを利用できます。

    サブスクライブ済みライブラリを公開ライブラリと同期して最新のコンテンツを表示することはできますが、サブスクライブ済みライブラリのコンテンツの追加や削除はできません。公開ライブラリのコンテンツを追加、修正、削除できるのは、公開ライブラリの管理者だけです。

    ライブラリをサブスクライブするには、次の情報を指定します。

    1. [サブスクリプション URL] テキスト ボックスで、公開ライブラリの URL アドレスを入力します。
    2. 公開ライブラリで認証が有効になっている場合は、[認証の有効化] を選択し、発行元のパスワードを入力します。
    3. サブスクライブ済みライブラリのコンテンツのダウンロード方法を選択します。
      • サブスクライブした直後に公開ライブラリ内のすべてのアイテムのローカル コピーをダウンロードする場合は、[ただちに] を選択します。
      • ストレージ容量を節約する場合は、[必要な場合] を選択します。公開ライブラリ内のアイテムのメタデータのみがダウンロードされます。

        アイテムを使用する必要がある場合は、そのアイテムまたはライブラリ全体を同期し、コンテンツをダウンロードします。

    4. プロンプトが表示されたら、SSL 証明書のサムプリントを受け入れます。

      SSL 証明書のサムプリントは、インベントリからサブスクライブ済みコンテンツ ライブラリを削除するまで、システムに格納されます。

  5. [ストレージの追加] 画面で、データストアをコンテンツ ライブラリのコンテンツのストレージ場所として選択し、[次へ] をクリックします。
  6. [設定の確認] 画面で詳細を確認し、[完了] をクリックします。