仮想マシンを元の状態に戻す、またはスナップショット階層内の別のスナップショットに戻すには、元に戻すオプションを使用します。

スナップショットをリストアすると、仮想マシンのメモリ、設定、および仮想マシン ディスクがスナップショット作成時の状態に移動します。

スナップショットは、次の方法でリストアできます。
[最新のスナップショットに移動]
[現在の場所] の位置から階層内で 1 つ上のレベルに親スナップショットをリストアします。 [最新のスナップショットに移動] を使用すると、仮想マシンの現在の状態の親スナップショットが起動します。
[以下に移動]
スナップショット ツリー内の任意のスナップショットをリストアし、そのスナップショットを、仮想マシンの現在の状態の親スナップショットにすることができます。このポイント以降でスナップショットを作成すると、スナップショット ツリーに新しい分岐が作成されます。

スナップショットをリストアすると、次のような影響があります。

  • 現在のディスクおよびメモリの状態は破棄され、仮想マシンは、親スナップショットのディスクおよびメモリ状態に戻ります。
  • 既存のスナップショットは削除されません。これらのスナップショットはいつでもリストアできます。
  • スナップショットにメモリ状態が含まれている場合、仮想マシンの電源はスナップショットを作成したときと同じ状態になります。
    表 1. スナップショットをリストアした後の仮想マシンの電源状態
    親スナップショット作成時の仮想マシンの状態 リストア後の仮想マシンの状態
    パワーオン状態 (メモリを含む) 親スナップショットに戻り、仮想マシンはパワーオンされます。
    パワーオン状態 (メモリは含まない) 親スナップショットに戻り、仮想マシンはパワーオフ状態になります。
    パワーオフ状態 (メモリは含まない) 親スナップショットに戻り、仮想マシンはパワーオフされます。

特定のタイプのワークロードを実行している仮想マシンの場合、スナップショットから復帰して操作がレジュームされるまで数分かかる場合があります。

注: vApp にある仮想マシンの vApp メタデータは、仮想マシン構成のスナップショットのセマンティックに従っていません。このため、スナップショット作成後に削除、変更、または定義された vApp プロパティは、仮想マシンがそのスナップショット、またはそれ以前のスナップショットに戻されてもそのまま (削除、変更、または定義されたまま) となります。

スナップショットを復帰する場合、スナップショット作成後に追加または変更したディスクはスナップショット ポイントに戻されます。たとえば、仮想マシンのスナップショットを作成してからディスクを追加したあとでスナップショットを復帰した場合、追加されたディスクは削除されます。

ディスクを追加する前に取ったスナップショットへ復帰すると、独立ディスクも削除されます。最新のスナップショットに独立ディスクが含まれている場合は、スナップショットへ復帰してもその内容は変更されません。

前提条件

仮想マシン上で 仮想マシン.スナップショット管理.スナップショットまで戻る の権限があることを確認します。

手順

vSphere Client で仮想マシンを右クリックし、タスクを選択します。
タスク 説明
最新のスナップショットに移動 [最新のスナップショットに移動] を選択し、[OK] をクリックします。
選択したスナップショットまで移動する
  1. 仮想マシンを右クリックし、[スナップショットの管理] を選択します。
  2. スナップショット ツリーのスナップショットに移動し、[以下に移動] ボタンをクリックします。
  3. [はい] をクリックして確認します。