仮想マシンをクローン作成して、テンプレートを作ることができます。テンプレートは、設定済みの仮想マシンを作成できる、仮想マシンのマスター コピーです。ゲスト OS への追加ソフトウェアのインストールなど、テンプレートに変更を加えながら、元の仮想マシンはそのまま維持できます。

作成後はテンプレートを変更できません。既存のテンプレートを変更するには、そのテンプレートを仮想マシンに変換してから必要な変更を行い、その仮想マシンをテンプレートに変換する必要があります。テンプレートの元の状態を保持するには、テンプレートのクローンを作成します。

前提条件

負荷ジェネレータが仮想マシンで実行されている場合、クローン操作を実行する前に停止します。

次の権限があることを確認します。

  • 仮想マシン.プロビジョニング.仮想マシンからのテンプレートの作成(元の仮想マシンが対象)。
  • 仮想マシン.インベントリ.既存のものから作成(テンプレートが作成される仮想マシン フォルダが対象)。
  • リソース.仮想マシンのリソース プールへの割り当て(ターゲットのホスト、クラスタ、またはリソース プールが対象)。
  • データストア.容量の割り当て(テンプレートが作成されるすべてのデータストアが対象)。

手順

  1. [仮想マシンのクローンをテンプレート化] ウィザードを開きます。
    オプション 説明
    仮想マシンの有効な親オブジェクトから
    1. 仮想マシンの有効な親オブジェクトである任意のインベントリ オブジェクト(データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、ホストなど)を右クリックして、[新規仮想マシン] を選択します。
    2. [作成タイプの選択] ページで、[仮想マシンのクローンをテンプレート化] を選択し、[次へ] をクリックします。
    3. [仮想マシンの選択] ページで、クローンを作成する仮想マシンを選択します。
    仮想マシンから

    仮想マシンを右クリックし、[クローン作成] > [テンプレートにクローン作成] の順に選択します。

  2. [名前とフォルダの選択] ページで、テンプレートの名前を入力し、展開するデータセンターまたはフォルダを選択します。

    テンプレートの名前でディスク上のファイルとフォルダの名前が決定します。たとえば、テンプレートに win8tmp という名前を付けた場合、テンプレート ファイルの名前は win8tmp.vmdk、win8tmp.nvram のようになります。テンプレートの名前を変更しても、データストアのファイル名は変更されません。

    組織内に異なるグループ用の仮想マシンとテンプレートをフォルダに格納して、それらのフォルダへの権限を設定できます。よりフラットな階層にする場合は、仮想マシンとテンプレートをすべて 1 つのデータセンターに置き、別の方法で管理します。

  3. [コンピューティング リソースの選択] で、テンプレートのホストまたはクラスタ リソースを選択します。
    [互換性] ペインには、互換性チェックの結果が表示されます。
    重要:

    クローンを作成する仮想マシンに NVDIMM デバイスと仮想 PMEM ハード ディスクがある場合は、ターゲット ホストまたはクラスタに使用可能な PMEM リソースが必要です。リソースがない場合、タスクを続行できません。

    クローンを作成する仮想マシンに NVDIMM デバイスはないものの、仮想 PMEM ハード ディスクがある場合は、ターゲット ホストまたはクラスタに使用可能な PMEM リソースが必要です。それ以外の場合、テンプレートのすべてのハード ディスクは、元の仮想マシンの構成ファイル用に選択されたストレージ ポリシーとデータストアを使用します。

  4. [ストレージの選択] ページで、テンプレートの設定ファイルとすべての仮想ディスクを格納するデータストアまたはデータストア クラスタを選択します。[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    仮想 PMEM ハード ディスクを含む仮想マシンをクローン作成
    1. テンプレートのストレージのタイプとして、[標準][PMEM]、または [ハイブリッド] ラジオ ボタンを選択します。

      [標準] モードを選択すると、すべての仮想ディスクが標準のデータストアに格納されます。

      [PMEM] モードを選択すると、すべての仮想ディスクがホストのローカル PMEM データストアに格納されます。設定ファイルは PMEM データストアに格納できないため、仮想マシンの構成ファイル用に、通常のデータストアを追加で選択する必要があります。

      [ハイブリッド] モードを選択すると、すべての PMEM 仮想ディスクが PMEM データストアに保存されたままになります。非 PMEM ディスクは、選択した仮想マシン ストレージ ポリシーと、データストアまたはデータストア クラスタの影響を受けます。

      永続的なメモリおよび PMEM ストレージに関する詳細については、『vSphere リソース管理』ガイドを参照してください。

    2. [仮想ディスク フォーマットの選択] ドロップダウン メニューからテンプレートの新しい仮想ディスク フォーマットを選択するか、またはソース仮想マシンと同じフォーマットを使用します。
    3. (オプション) [仮想マシン ストレージ ポリシー] ドロップダウン メニューから、仮想マシン ストレージ ポリシーを選択するか、デフォルトのままにします。
    4. データストアまたはデータストア クラスタを選択します。
    5. 仮想マシンで Storage DRS を使用しない場合は、[この仮想マシンの Storage DRS の無効化] チェック ボックスを選択します。
    6. (オプション) テンプレートの設定ファイルや仮想ディスクごとにデータストアまたはデータストア クラスタを選択する場合は、[ディスクごとに設定] オプションを選択します。
      注: [ディスクごとに設定] オプションを使用すると、PMEM ハード ディスクを通常のハード ディスクに変換できますが、パフォーマンスの問題が生じる場合があります。標準のハード ディスクを PMEM ハード ディスクに変換することもできます。
    仮想 PMEM ハード ディスクを含まない仮想マシンをクローン作成
    1. 仮想マシンの仮想ディスクのディスク フォーマットを選択します。

      [ソースと同じフォーマット] では、ソース仮想マシンと同じディスク フォーマットを使用します。

      [シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)] では、デフォルトのシック フォーマットで仮想ディスクが作成されます。仮想ディスクに必要な容量は、仮想ディスクの作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているデータは、作成中には消去されませんが、後で仮想マシンへ初めて書き込みを行うときに必要に応じてゼロアウトされます。

      [シック プロビジョニング (Eager Zeroed)] では、Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック仮想ディスクが作成されます。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。フラット フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは、仮想ディスクの作成時にゼロアウトされます。ほかのタイプのディスクに比べ、このフォーマットでのディスクの作成には非常に長い時間がかかることがあります。

      [シン プロビジョニング] フォーマットでは、ストレージ容量を節約できます。最初、シン プロビジョニング ディスクは、そのディスクが初期に必要とする容量のみを使用します。あとでシン ディスクでさらに多くの容量が必要になると、割り当てられている最大キャパシティまで拡張できます。

    2. (オプション) 仮想マシン ストレージ ポリシーを選択するか、デフォルトのままにします。
    3. データストアまたはデータストア クラスタを選択します。
    4. (オプション) テンプレートの設定ファイルや仮想ディスクごとにデータストアまたはデータストア クラスタを選択する場合は、[ディスクごとに設定] オプションを選択します。
      注: [ディスクごとに設定] オプションを使用すると、PMEM ハード ディスクを通常のハード ディスクに変換できますが、パフォーマンスの問題が生じる場合があります。標準のハード ディスクを PMEM ハード ディスクに変換することもできます。
    重要: 暗号化された仮想マシンのクローンを作成する場合は、ストレージ ポリシーを変更できません。暗号化された仮想マシンのクローンを作成する方法の詳細については、『 vSphere のセキュリティ』を参照してください。
  5. [設定の確認] ページでテンプレートの設定を確認し、[完了] をクリックします。
    クローン作成タスクの進行状況が、 [最近のタスク] ペインに表示されます。タスクが完了すると、テンプレートがインベントリに表示されます。