仮想マシンの各オプションを使用して、仮想マシンの設定と動作を調整し、最大のパフォーマンスを確保します。

仮想マシンは、ESXi ホスト、データセンター、クラスタ、リソース プールなど、複数の場所で実行されることがあります。設定されたオプションとリソースの多くは、これらのオブジェクトに依存しているか、またはこれらのオブジェクトと関連しています。

VMware の仮想マシンには次のオプションがあります。

全般オプション
仮想マシンの名前の表示または変更、構成ファイルの場所および仮想マシンの作業場所の確認を行います。
暗号化オプション
vCenter Server インスタンスが KMS サーバと信頼関係にある場合は、仮想マシンの暗号化を有効または無効にできます。詳細については、『 vSphere のセキュリティ』ドキュメントを参照してください。
暗号化されていない仮想マシンの暗号化された vMotion も、有効または無効にできます。暗号化された vMotion は、無効、任意、または必須の状態に設定できます。仮想マシンの作成時に、暗号化された vMotion を有効にすることができます。暗号化された vMotion の状態は後で変更することもできます。詳細については、『 vCenter Server およびホストの管理』ドキュメントを参照してください。
電源管理
ゲストの電源オプションを管理します。ゲスト OS をスタンバイ状態にしたときに、仮想マシンをサスペンド状態にするか、パワーオン状態のままにします。
VMware Tools
仮想マシンの電源制御を管理し、VMWare Tools スクリプトを実行します。パワーオフしてからパワーオンするまでの間に VMware Tools をアップグレードや、ゲストの時刻をホストと同期することもできます。
仮想化ベースのセキュリティ (VBS)
VBS を有効にして、仮想マシンへの保護レベルを向上させることができます。VBS は最新バージョンの Windows OS で使用可能です。詳細については、『 vSphere のセキュリティ』ドキュメントを参照してください。
起動オプション
仮想マシンのパワーオン時の起動遅延を設定します。または、強制的に BIOS セットアップを行なったり、起動失敗時のリカバリ処理を構成したりします。
詳細オプション
アクセラレーションの無効化とログの有効化、デバッグと統計情報の構成、スワップ ファイルの場所の変更を行います。遅延感度の変更および構成パラメータの追加も可能です。
ファイバ チャネル NPIV
仮想マシンの LUN へのアクセスを、仮想マシン単位で制御できます。N-port ID 仮想化 (NPIV) を使用すると、1 つの物理ファイバ チャネル HBA ポートを複数の仮想ポートで共有することが可能で、それぞれに一意の識別子を付けることができます。
vApp オプション
仮想マシンで vApp の機能を有効または無効にします。vApp オプションを有効にすると、vApp プロパティ、vApp デプロイ オプション、および vApp オーサリング オプションを表示および編集できます。たとえば、vApp に IP アドレス割り当てポリシーやネットワーク プロトコル プロファイルを設定できます。仮想マシン レベルで指定した vApp オプションは、vApp レベルで指定した設定をオーバーライドします。
注:

仮想マシンの構成には、Software-Defined Data Center (SDDC) ではサポートされていないものがあります。それ以外の構成は、制限付きでサポートされます。詳細については、SDDC でのサポートが制限されている、またはサポートされていない仮想マシンの構成を参照してください。