vSphere Client で、仮想マシンの設定を表示または変更することができます。すべての仮想マシンで全オプションを使用できるわけではなく、オプションによってはデフォルトから変更する必要がほとんどないものもあります。

仮想マシンが実行されているホストおよびゲスト OS が、設定内容をサポートしている必要があります。

[設定の編集] ウィザードの [仮想マシン オプション] タブで仮想マシンの設定を表示および変更できます。

次のいずれかのオプションを選択できます。

表 1. vSphere Client および vSphere Web Client の仮想マシンのオプション
オプション 説明
全般オプション このセクションでは、次の設定を表示または変更できます。
  • 仮想マシン名
  • 仮想マシン構成ファイルの場所
  • 仮想マシンの稼動場所
  • ゲスト OS および OS のバージョン

現在、編集できるのは仮想マシンの名前のみです。その他の設定に関する情報は、現在読み取り専用です。

仮想マシンのオペレーティング システムを変更するには、オペレーティング システムを再インストールするか、対象のオペレーティング システムを搭載した新しい仮想マシンを導入します。

VMware Remote Console オプション このセクションでは、同時接続に関する仮想マシンのロック動作および設定を変更できます。
暗号化 このセクションでは、仮想マシンの暗号化設定を変更できます。
電源管理 このセクションでは、仮想マシンのサスペンド動作を変更できます。
VMware Tools このセクションでは、VMware Tools スクリプトの動作を変更できます。VMware Tools の自動アップグレード、およびゲストとホスト間の時刻同期をカスタマイズすることもできます。
仮想化ベースのセキュリティ 仮想マシンの VBS を有効または無効にします。
注: このオプションを使用できるのは、 vSphere Client のみです。
起動オプション このセクションでは、仮想マシン起動オプションを変更できます。たとえば、起動前遅延の追加、BIOS または EFI 設定画面の強制表示、再起動オプションの設定を行います。
詳細 このセクションでは、次の高度な仮想マシン オプションを変更できます。
  • アクセラレーション設定とログ設定
  • デバッグと統計情報
  • スワップ ファイルの場所
  • 待ち時間感度
ファイバ チャネル NPIV このセクションでは、仮想ノードとポートの World Wide Names (WWN) を変更できます。