テンプレートから新規仮想マシンを展開するプロセス、または既存の仮想マシンのクローンを作成するプロセスで、仮想マシンの Linux ゲスト OS をカスタマイズできます。

前提条件

手順

  1. [既存の仮想マシンのクローン作成] ウィザードまたは [テンプレートからのデプロイ] ウィザードを開始します。
  2. [クローン オプションの選択] ページが表示されるまで、プロンプトの指示に沿って操作します。
  3. [クローン オプションの選択] ページで、[オペレーティング システムのカスタマイズ] チェック ボックスを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [ゲスト OS のカスタマイズ] ページで、リストから既存のゲストのカスタマイズ仕様を選択し、[次へ] をクリックします。
    vSphere Web Client では、新しいカスタマイズ仕様を作成することも選択できます。
  5. [ユーザー設定] ページで、仮想マシンに必要な設定を指定します。
    ウィザードのこのページが表示されるのは、選択した仕様に追加のカスタマイズが必要な場合のみです。
  6. [設定の確認] ページで詳細を確認し、[完了] をクリックします。

結果

新しい仮想マシンがはじめて起動するとき、ゲスト OS は、カスタマイズ プロセスを完了するためにファイナライズ スクリプトを実行します。仮想マシンは、このプロセスで何回も再起動することがあります。

新しい仮想マシンが起動したときに、ゲスト OS が一時停止した場合は、不正な製品キーや無効なユーザー名などのエラーの訂正を待機している可能性があります。仮想マシンのコンソールを開き、システムが情報を待機しているかどうかを確認します。

次のタスク

新しい仮想マシンの起動中にカスタマイズ エラーが発生した場合、ゲストのシステム ログ メカニズムを使用してそのエラーが報告されます。エラーを表示するには、/var/log/vmware-imc/toolsDeployPkg.log を開きます。