ゲスト OS をスタンバイ状態に切り替えると、仮想マシンはパワーオン状態を維持するか、サスペンド状態になります。この動作を制御するには、電源管理設定を使用します。Windows 7 などのデスクトップ ベースのゲストの場合、デフォルトでスタンバイが有効になっていることがあり、あらかじめ定義されている時間経過後にゲストがスタンバイ モードに移行します。

[電源管理] オプションは、一部のゲスト OS では使用できません。

注: ゲスト OS が誤ってスタンバイ モードに移行するのを回避するには、仮想マシンをデプロイする前に設定を確認します。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
  2. [仮想マシン オプション] をクリックして、[電源管理] を展開します。
  3. [スタンバイ応答] セクションで、仮想マシンのスタンバイ応答を選択します。
    • [[仮想マシンのサスペンド]] オプションでは、すべてのプロセスを停止することでリソースを節約し、仮想マシンのメモリのコンテンツを仮想マシンの .vmss ファイルにコピーします。ファイルをコピーしてトラブルシューティング シナリオに役立てるような場合は、.vmss ファイルへのメモリの書き込み機能が便利です。
    • [ゲスト OS をスタンバイ モードにして、仮想マシンをパワーオンのままにする] オプションでは、すべてのプロセスを停止しますが、仮想マシンに接続されている仮想デバイスはそのまま維持します。
  4. [Wake on LAN] セクションで、[Wake on LAN] オプションを適用する 1 つまたは複数の仮想ネットワーク アダプタを選択します。
  5. [OK] をクリックして、変更内容を保存します。