ローカル コンテンツ ライブラリにアイテムを追加するには、ローカル マシンまたは Web サーバからファイルをインポートします。OVF および OVA テンプレートのほか、ISO イメージ、証明書などの各種ファイルをインポートできます。アイテムをライブラリ内に保持して、複数の vCenter Server インスタンス間で他のユーザーと共有できます。また、コンテンツ ライブラリ内のテンプレートを使用して新しい仮想マシンや vApp を展開することもできます。

前提条件

必要な権限:コンテンツ ライブラリ.ライブラリ アイテムの追加 および コンテンツ ライブラリ.ファイルの更新 (ライブラリが対象)

手順

  1. [コンテンツ ライブラリ] リストに移動します。
  2. ローカル コンテンツ ライブラリを右クリックし、[アイテムのインポート] を選択します。
    [ライブラリ アイテムのインポート] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. [ソース] セクションで、アイテムのソースを選択します。
    オプション 説明
    URL からインポート アイテムのある Web サーバへのパスを入力します。
    注: インポートできるのは、 .ovf または .ova ファイルです。インポートの結果として得られるコンテンツ ライブラリ アイテムのタイプは、OVF テンプレートです。
    ローカル ファイルからインポート [参照] をクリックして、ローカル システムからインポートするファイルに移動します。ドロップダウン メニューでは、ローカル システムのファイルをフィルタリングできます。
    注: インポートできるのは、 .ovf または .ova ファイルです。OVF テンプレートをインポートする場合は、最初に OVF 記述子ファイル ( .ovf) を選択します。次に、OVF テンプレートに含まれる .vmdk ファイルなどの他のファイルを選択するように求められます。インポートの結果として得られるコンテンツ ライブラリ アイテムのタイプは、OVF テンプレートです。
    インポートの際に、 vCenter Server が OVF パッケージ内の生成ファイルと証明書ファイルを読み取って確認します。 vCenter Server が期限切れの証明書を検出した場合など、証明書に問題がある場合は、 [ライブラリ アイテムのインポート] ウィザードに警告が表示されます。
    注: OVF パッケージをローカル マシンの .ovf ファイルから インポートする場合、 vCenter Server は署名付きのコンテンツを読み取りません。
  4. [ターゲット] セクションでアイテムの名前と説明を入力します。
  5. [インポート] をクリックします。

結果

[最近のタスク] ペインに、ライブラリの新規アイテム作成に関するタスクと、アイテムのコンテンツをライブラリにアップロードするタスクの、2 つのタスクが表示されます。タスクが完了すると、アイテムが [テンプレート] タブまたは [その他のアイテム] タブに表示されます。