コンテンツ ライブラリに新しいテンプレートを追加するには、vCenter Server インベントリの仮想マシンまたは仮想マシン テンプレートのクローンをコンテンツ ライブラリ内のテンプレートに作成します。コンテンツ ライブラリのアイテムを後から使用して、クラスタまたはホストに仮想マシンをプロビジョニングできます。vCenter Server インベントリから仮想マシンまたは仮想マシン テンプレートのクローン作成をすることにより、コンテンツ ライブラリ内の既存のテンプレートを更新することもできます。

テンプレートは、すぐに使用可能な状態の仮想マシンを作成できる、仮想マシンのマスター コピーです。元のテンプレートの状態を保持しつつ、ゲスト OS への追加ソフトウェアのインストールなど、テンプレートに変更を加えることができます。詳細については、コンテンツ ライブラリのテンプレートを参照してください。

コンテンツ ライブラリに、 vCenter Server インベントリから仮想マシンをクローン作成する場合、作成するコンテンツ ライブラリ アイテムのタイプを選択できます。仮想マシン テンプレート タイプまたは OVF テンプレート タイプのいずれかのライブラリ アイテムを作成することができます。
重要: 仮想マシン テンプレートのライブラリ アイテムを作成する場合は、同一の仮想マシン テンプレートが vCenter Server インベントリに作成されます。コンテンツ ライブラリ内の仮想マシン テンプレートの詳細については、 コンテンツ ライブラリ アイテムとしての仮想マシン テンプレートを参照してください。

手順

  1. クローン作成する仮想マシンまたはテンプレートに移動します。
  2. タスクを選択します。
    オプション 説明
    仮想マシンのクローン作成
    1. 仮想マシンを右クリックし、[クローン作成] > [テンプレートとしてライブラリにクローン作成] の順に選択します。

      [仮想マシンのクローンをテンプレート化] ウィザードが起動します。

    2. [基本情報] 画面で、テンプレートの名前と説明を入力し、テンプレート タイプを選択し、テンプレートのインベントリ フォルダを選択します。

      コンテンツ ライブラリには OVF テンプレートまたは仮想マシン テンプレートを作成できます。

    3. [場所] 画面で、テンプレートを追加するローカル コンテンツ ライブラリを選択します。
    4. [コンピューティング リソースの選択] 画面で、テンプレートのコンピューティング リソースを選択します。
    5. [ストレージの選択] 画面で、テンプレート ディスクと構成ファイルの保存場所を選択します。
    6. [確認] 画面で、詳細を確認し、[完了] をクリックしてクローン作成タスクを終了します。
    仮想マシン テンプレートのクローン作成
    1. 仮想マシン テンプレートを右クリックし、[ライブラリにクローン作成] を選択します。

      [テンプレートをライブラリにクローン作成] ダイアログ ボックスが開きます。

    2. [次のタイプのクローンを作成] オプションを選択します。

      新しいテンプレートを作成するか、既存のテンプレートを更新することができます。

    3. コンテンツ ライブラリのリストから、テンプレートを追加するライブラリを選択します。
    4. テンプレートの名前と説明を入力します。
    5. (オプション) テンプレートに含める構成データを選択します。

      MAC アドレスをネットワーク アダプタ上で保持し、追加構成を含めることもできます。

    6. [OK] をクリックします。

結果

クローン作成の新しいタスクが [最近のタスク] ペインに表示されます。タスクの完了後に、コンテンツ ライブラリの [テンプレート] タブにテンプレートが表示されます。[タイプ] 列で、テンプレートのタイプを確認できます。

次のタスク

このテンプレートを使用して、vSphere インベントリのホストまたはクラスタに仮想マシンを作成します。