仮想マシンで使用できる仮想ハードウェアは、仮想マシンの互換性によって決まります。新しいバージョンの ESXi と仮想マシンの互換性を保てるように、互換性のアップグレードをスケジューリングできます。

個々の仮想マシンの互換性は、その互換性をアップグレードするか、互換性のアップグレードをスケジューリングすることによって変更できます。

また、ホスト、クラスタ、またはデータセンターのデフォルトの互換性設定を変更することもできます。

前提条件

  • 仮想マシンのバックアップまたはスナップショットを作成します。スナップショットを使用した仮想マシンの管理を参照してください。
  • VMware Tools の最新バージョンにアップグレードします。VMware Tools をアップグレードする前に互換性をアップグレードすると、仮想マシンのネットワーク設定が失われる可能性があります。
  • VMFS3、VMFS5、または NFS のデータストアの ESXi ホストで、すべての .vmdk ファイルを使用できることを確認します。
  • 仮想マシンが VMFS3、VMFS5、または NFS のデータストアに格納されていることを確認します。
  • 仮想マシンの互換性がサポートされている最新バージョンに設定されていないことを確認します。
  • 仮想マシンと互換性を持たせる ESXi バージョンを決定します。仮想マシンの互換性を参照してください。

手順

  1. (オプション) 仮想マシンの互換性設定を特定するには、インベントリで仮想マシンを選択し、[サマリ] タブをクリックします。
  2. タスクを選択します。
    クライアント タスク
    vSphere Client
    • 仮想マシンのデフォルトの互換性設定を変更します。
      • 仮想マシンを右クリックして、[互換性] > [仮想マシンの互換性のアップグレード] の順にクリックします。
      • 仮想マシンを右クリックして、[互換性] > [仮想マシンの互換性アップグレードのスケジュール設定] の順にクリックします。