仮想マシンの構成には、Software-Defined Data Center (SDDC) ではサポートされていないものがあります。それ以外の構成は、制限付きでサポートされます。

特定の仮想マシン構成オプションを使用すると、ホストをメンテナンス モードに切り替えられなくなるほか、vMotion の処理が妨げられたり、VMware 製品でのサービスのアップグレードを実行できなくなることがあります。オンプレミスで許可されているこれらの構成は、SDDC ではサポートが制限されているか、サポートされません。サポートされていない設定のテンプレートをオンプレミスのコンテンツ ライブラリから SDDC にアップロードした場合、そのテンプレートから作成された仮想マシンは SDDC でパワーオンされません。

表 1. SDDC でのサポートが制限されている、またはサポートされていない仮想マシンの構成
構成オプション サポート コメント
仮想マシンで、CD-ROM やフロッピー ディスクなどのリモート デバイスをマウントする 制限あり リモート デバイスがマウントされている仮想マシンでは、vMotion がブロックされます。
仮想マシンで、ネットワーク出力にシリアル ポートを含める 制限あり シリアル ポートがネットワーク経由で接続されている仮想マシンでは、vMotion がブロックされます。シリアル ポートがファイルに接続されている仮想マシンでは、vMotion はブロックされません。
仮想マシン ディスクで、マルチライターと変更ブロックのトラッキング (CBT) を有効にする なし この設定は SDDC でブロックされます。
仮想マシンで、準仮想化 SCSI (PVSCSI) ディスクをマウントする 制限あり 仮想マシンで PVSCSI ディスクをマウントしているため、vMotion がブロックされます。
仮想マシンで、パラレル ポートを含める なし 物理デバイスまたはファイル出力では、パラレル ポートはサポートされません。
仮想マシンで、仮想または物理バス共有を使用する 制限あり 仮想バスの共有はサポートされていません。物理バスの共有設定は、ハードウェア バージョン 11 以降でサポートされます。
仮想マシンは VMware Tools ISO をマウントし、ツールのインストールまたはアップグレードを起動します。 制限あり vMotion は、VMware Tools のインストールまたはアップグレード中には実行できません。SDDC のメンテナンスで必要とされる vMotion がこの状態の仮想マシンによってブロックされた場合、システムは処理が完了するまで数分待機します。動作が完了しない場合、システムはアップグレードまたはインストールを停止し、ISO イメージをアンマウントして、メンテナンス イベントのブロックを解除します。メンテナンスの完了後、インストールまたはアップグレード処理を手動で再起動する必要があります。