仮想マシンへの既存の仮想ハード ディスクの追加は、仮想マシン作成プロセスで、または仮想マシンのハードウェアのカスタマイズ時および仮想マシン作成後に行うことができます。たとえば、起動ディスクとして事前構成された既存のハード ディスクを追加できます。

仮想マシンの作成中、選択したゲスト OS に基づいて、ハード ディスクおよび SCSI または SATA コントローラがデフォルトで仮想マシンに追加されます。このディスクでは不十分な場合は、ディスクを削除し、作成プロセスの最後に既存のハード ディスクを追加できます。

前提条件

  • 仮想ハード ディスク構成が異なる場合のコントローラおよび仮想デバイス ノードの動作について理解しておいてください。仮想マシンへのハード ディスクの追加を参照してください。
  • 2 TB を超えるディスクを仮想マシンに追加する前に、大容量仮想ディスクの要件と制限事項 を参照してください。
  • 接続先のフォルダまたはデータストア上で 仮想マシン.設定.既存ディスクの追加 の権限があることを確認します。

手順

  1. インベントリで仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
  2. (オプション) 既存のハード ディスクを削除するには、ディスク上にカーソルを移動させて、[削除] アイコンをクリックします。
    ディスクが仮想マシンから削除されます。他の仮想マシンがディスクを共有している場合は、ディスク ファイルは削除されません。
  3. [仮想ハードウェア] タブで、[新しいデバイスの追加] ボタンをクリックします。
  4. ドロップダウン メニューから、[既存のハード ディスク] を選択します。
    [ファイルの選択] ダイアログ ボックスが開きます。
  5. [ファイルの選択] で、データストアを展開し、仮想マシン フォルダを選択して、追加するディスクを選択します。
  6. [OK] をクリックします。
    [内容] 列にディスク ファイルが表示されます。 [ファイル タイプ] ドロップダウン メニューに、このディスクに互換性のあるファイル タイプが表示されます。
  7. (オプション) [新しいハード ディスク] を展開し、ハード ディスクをさらにカスタマイズします。
  8. [OK] をクリックします。