サブスクライブ済みライブラリ内のライブラリ アイテムのコンテンツを更新またはダウンロードするには、ライブラリ アイテムを同期します。

購読済みライブラリを作成する際に、必要な場合にのみライブラリ コンテンツをダウンロードするオプションが選択されている場合、ライブラリ コンテンツのメタデータのみが、関連付けられているストレージにダウンロードされます。ライブラリ アイテムを使用する場合、アイテムを同期して、そのコンテンツをローカル ストレージにダウンロードします。

アイテムが不要になったら、そのアイテムのコンテンツを削除してストレージ容量を解放することができます。アイテムは購読済みライブラリに引き続き表示されますが、ストレージにはアイテムのメタデータしか残っていないため、ストレージの領域を消費しなくなります。アイテムの削除の詳細については、コンテンツ ライブラリ アイテムの削除を参照してください。

前提条件

必要な権限:ライブラリ アイテムのコンテンツ ライブラリ.ライブラリ アイテムの同期

手順

  1. [コンテンツ ライブラリ] リストに移動します。
  2. リストからサブスクライブ済みライブラリを選択します。
  3. 使用するアイテムを同期します。
    • [テンプレート] タブで、テンプレートを右クリックし、[アイテムの同期] を選択します。
      注: 仮想マシン テンプレートは同期できません。同期できるのは OVF テンプレートのみです。
    • [その他のアイテム] タブで、アイテムを右クリックし、[アイテムの同期] を選択します。

結果

同期が完了すると、購読済みライブラリのストレージにアイテムのコンテンツとメタデータがダウンロードされます。購読済みライブラリの [テンプレート] タブにある [ローカルに保存されたコンテンツ] 列の値が [はい] に変わります。