テンプレートを仮想マシンに変換すると、テンプレートが変更されます。この操作では、コピーは作成されません。テンプレートを仮想マシンに変換すると、テンプレートが編集されます。仮想マシンの展開用のマスター イメージとしてテンプレートを保持する必要がなくなった場合に、そのテンプレートを仮想マシンに変換することもあります。

前提条件

次の権限があることを確認します。

  • 仮想マシン.プロビジョニング.仮想マシンとしてマークを付ける(元のテンプレートが対象)。
  • リソース.仮想マシンのリソース プールへの割り当て (仮想マシンが稼動するリソース プールが対象)。

手順

  1. [テンプレートを仮想マシンに変換] ウィザードを開きます。
    オプション 説明
    仮想マシンの有効な親オブジェクトから
    1. 仮想マシンの有効な親オブジェクトであるインベントリ オブジェクトを右クリックし、[新規仮想マシン] を選択します。
    2. [作成タイプの選択] ページで、[テンプレートを仮想マシンに変換] を選択し、[次へ] をクリックします。
    3. ウィザードの [テンプレートの選択] ページで、展開するテンプレートをリストから選択します。
    テンプレートから

    テンプレートを右クリックし、[仮想マシンへの変換] を選択します。

  2. [コンピューティング リソースの選択] ページで、仮想マシンを実行するホスト、クラスタ、vApp、またはリソース プールを選択します。[次へ]をクリックします。
    重要:

    変換するテンプレートに NVDIMM デバイスと仮想 PMEM ハード ディスクがある場合は、ターゲット ホストまたはクラスタに使用可能な PMEM リソースが必要です。リソースがないと、タスクを続行できません。

    変換するテンプレートに NVDIMM デバイスはないものの、仮想 PMEM ハード ディスクがある場合は、ターゲット ホストまたはクラスタに使用可能な PMEM リソースが必要です。リソースがない場合、仮想マシンのすべてのハード ディスクは、元のテンプレートの設定ファイルで選択されたストレージ ポリシーとデータストアを使用します。

    [互換性] ペインには、互換性チェックの結果が表示されます。

  3. [設定の確認] ページで設定を確認し、[完了] をクリックします。

結果

インベントリに仮想マシンが表示されます。