テンプレートから新規仮想マシンを展開する場合や、既存の仮想マシンのクローンを作成する場合に、仮想マシンの Windows ゲスト OS をカスタマイズできます。ゲストをカスタマイズすると、コンピュータ名の重複など、同一の設定を持つ仮想マシンの展開で発生する可能性のある競合を防止できます。

Windows が元の仮想マシンと同一のセキュリティ ID(SID)を持つ新しい仮想マシンまたはテンプレートを割り当てないように設定できます。これらのコンピュータが 1 つのドメイン内にあり、ドメイン ユーザー アカウントのみが使用される場合、SID が重複していても問題が発生することはありません。しかし、これらのコンピュータがワークグループの一部であったり、ローカル ユーザー アカウントを使用したりする場合、SID が重複しているとファイル アクセスが危険にさらされる場合があります。詳細は、Microsoft Windows オペレーティング システムのドキュメントを参照してください。

重要: デフォルトの管理者パスワードは、カスタマイズ後に Windows Server 2008 について保持されません。カスタマイズ中に、Windows Sysprep ユーティリティによって Windows Server 2008 上の管理者アカウントが削除され、再作成されます。カスタマイズ後に仮想マシンを最初に起動したときに、管理者パスワードをリセットする必要があります。

前提条件

手順

  1. [既存の仮想マシンのクローン作成] ウィザードまたは [テンプレートからのデプロイ] ウィザードを開始します。
  2. [クローン オプションの選択] ページが表示されるまで、プロンプトの指示に沿って操作します。
  3. [クローン オプションの選択] ページで、[オペレーティング システムのカスタマイズ] チェック ボックスを選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [ゲスト OS のカスタマイズ] ページで、リストから既存のゲストのカスタマイズ仕様を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ユーザー設定] ページで、仮想マシンに必要な設定を指定します。
    ウィザードのこのページが表示されるのは、選択した仕様に追加のカスタマイズが必要な場合のみです。
  6. [設定の確認] ページで詳細を確認し、[完了] をクリックします。

結果

新しい仮想マシンがはじめて起動するとき、ゲスト OS は、カスタマイズ プロセスを完了するためにファイナライズ スクリプトを実行します。仮想マシンは、このプロセスで何回も再起動することがあります。

新しい仮想マシンが起動したときに、ゲスト OS が一時停止した場合は、不正な製品キーや無効なユーザー名などのエラーの訂正を待機している可能性があります。仮想マシンのコンソールを開き、システムが情報を待機しているかどうかを確認します。

次のタスク

ボリューム ライセンス バージョンではない特定の Windows オペレーティング システムを展開した場合は、新しい仮想マシンでオペレーティング システムの再アクティベーションが必要になることがあります。

新しい仮想マシンの起動中にカスタマイズ エラーが発生した場合、エラーは %WINDIR%\temp\vmware-imc に記録されます。エラー ログ ファイルを表示するには、Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] > [管理ツール] > [イベント ビューア] の順に選択します。