サブスクライブ済みライブラリを使用して同期する場合、後でライブラリをストレージから削除し、メタデータは残すことができます。テンプレートなどのライブラリ アイテムを完全に削除することもできます。

サブスクライブ済みライブラリが、必要な場合にのみライブラリのコンテンツをダウンロードするオプションを選択して作成されている場合は、関連付けらているライブラリ ストレージに、そのライブラリ アイテムのメタデータのみが保存されています。ライブラリ アイテムを使用する場合(仮想マシン テンプレートを使用して仮想マシンを展開する場合など)は、アイテムを同期する必要があります。同期により、関連付けられたストレージにコンテンツの全体がダウンロードされます。

vSphere Client で、アイテムをまとめて削除することができます。

前提条件

必要な権限
タスク 必要な権限
ライブラリ アイテムのコンテンツの削除 コンテンツ ライブラリ.ライブラリ アイテムの消去
ライブラリ アイテムの削除 コンテンツ ライブラリ.ライブラリ アイテムの削除

手順

  1. [メニュー] > [コンテンツ ライブラリ] の順に選択します。
  2. コンテンツ ライブラリをクリックし、アイテムのタイプを選択してから、アイテムに実行するタスクを選択します。
  3. [テンプレート] タブでライブラリのテンプレートを右クリックし、[削除] を選択します。
  4. [その他のアイテム] タブから、テンプレートではないライブラリのファイルを右クリックし、[削除] を選択します。