アカウントを関連付けるよう要求される場合は、所属している企業が VMware Cloud Services のフェデレーション アカウントを作成しており、組織およびサービスへのアクセス権をユーザーに付与していることです。VMware ID を使用してログインする代わりに、企業の認証情報を使用してログインすることができます。組織の所有者またはサポート ユーザーの場合、請求情報とカスタマー サポートに引き続きアクセスできるようにするには、アカウントの関連付けを行います。

サービスをすべて表示するには

VMware ID アカウントからすべてのサービスにアクセスするには、VMware ID アカウントをフェデレーション アカウントに関連付ける必要があります。保持しているトークンは、自動的に転送されます。

マイ アカウントを関連付けるには

VMware Cloud Services コンソールで [マイ アカウント] > [プロファイル] の順にクリックして、アカウントを関連付けます。

VMware ID を作成するときに企業のメール アドレスを使用した場合は、VMware Cloud Services バナーの [VMware ID のリンク] ボタンをクリックします。アカウントを関連付ける前にバナーを閉じてしまった場合は、VMware Cloud Services コンソールで [マイ アカウント] > [プロファイル] の順にクリックし、後でアカウントを関連付けることもできます。

[プロファイル] 画面で、関連付けられたアカウントの詳細を表示できます。

組織の所有者またはサポート ロールを持つユーザーの関連付け

組織の所有者またはサポート ロールを付与されたユーザーが請求情報およびカスタマー サポートに継続してアクセスできるようにするには、VMware ID アカウントを関連付ける必要があります。ユーザーのアカウントを関連付けると、お客様番号が表示されます。今後は、新しい組織を作成する場合、組織の設定時に VMware ID アカウントを関連付けます。

お客様番号の表示

組織の所有者またはサポート ユーザーとして、お客様番号が必要になります。ユーザーのアカウントを関連付けると、[ユーザー/組織の設定] メニューのユーザー名の下にお客様番号が表示されます。

[プロファイル] 画面で、ユーザーのお客様番号および関連付けられたアカウントのその他の詳細も確認できます。

OAuth クライアントへの対応

OAuth クライアントは、サードパーティ製アプリケーションと VMware Cloud Services との連携に使用します。

フェデレーション アカウントのユーザー名が VMware ID と同じである場合(たとえば、joe@acme.com)、VMware ID でログインして作成したすべての OAuth クライアントは、VMware ID を関連付ける際にフェデレーション アカウントに転送されます。

VMware ID のユーザー名がフェデレーション アカウントと同じでない場合(たとえば、joe@gmail.com と joe@acme.com)は、クライアントはフェデレーション アカウントに転送されないため、新しいクライアントを作成する必要があります。

OAuth クライアントの作成については、OAuth 2.0 を使用したアプリケーションの認証を参照してください。