組織内のユーザーのアクセス権は、ロールを割り当てることで定義します。ユーザーにロールが直接割り当てられるか、ユーザーがグループのメンバーとしてロールを継承すると、そのユーザーに組織やサービスへのアクセス権が付与されます。

組織内のユーザーのロールは編集できます。また、それが所属するグループを表示できます。ここでは、ユーザーのロールの編集について理解しておく必要がある点を説明します。
  • ユーザーは、直接割り当てられたロールと、グループから継承したロールを組み合わせて保持できます。たとえば、直接割り当てられたサポート ユーザーのロールと、開発者や VMware Cloud on AWS 管理者などのグループから継承したロールです。
  • 相互に競合するロールが割り当てられたユーザーには、より高い権限を持つロールが付与されます。たとえば、ユーザーに読み取り専用ロールと管理者ロールが割り当てられている場合、そのユーザーには管理者ロールが付与されます。

手順

  1. VMware Cloud Services ツールバーで、[VMware Cloud Services] アイコンをクリックし、[ID およびアクセス権の管理] を選択します。
  2. ユーザーの横のチェック ボックスを選択し、[ロールの編集] をクリックします。
  3. 必要に応じて、ユーザーの組織のロールとサービスのロールを変更します。
  4. グループ経由でロールが割り当てられているユーザーの場合は、[表示] をクリックしてロールとグループを確認できます。
    ユーザーのロールに変更を加えると、グループ経由で割り当てられたロールが上書きされる場合があります。
  5. [保存] をクリックします。