VMware Code Stream は、ソフトウェア リリース プロセスのタスクをモデル化し、開発者コードの開発とテストを自動化して、本番環境にリリースします。

リリース プロセスを開発者ツールと統合して特定のタスクを実行し、コードのアーティファクトとバージョンをすべて追跡します。

開発から本番に至るまでの VMware Code Stream の機能。

ソフトウェアをビルド、展開、テスト、およびリリースするためのアクションを実行するパイプラインを作成します。VMware Code Stream は、本番環境へのリリース準備が整うまで、パイプラインの各ステージを通じてソフトウェアを実行します。

パイプラインをデータ ソースやリポジトリや通知システムなど 1 つ以上の DevOps ツールと統合して、パイプラインの実行に必要なデータを提供します。また、クラウド プロキシを介してリモート ソースに接続されます。

たとえば、Kubernetes アプリケーションをダウンロードして GitHub から Kubernetes クラスタに展開するパイプラインがあって、そのパイプラインのエンドポイントをいくつか使用しなければならないことがあります。

VMware Code Stream のサンプルのパイプライン。

VMware Code Stream は、さまざまなエンドポイント タイプと統合されています。

表 1. VMware Code Stream と DevOps ツールとの統合
DevOps エンドポイント 機能
Git 開発者がコードをチェックインしたら、リポジトリから開発者コードをプルし、Git トリガと連携してパイプラインをトリガします。
Kubernetes コンテナ化されたアプリケーションを展開、スケール、および管理するための手順を自動化します。
Code Stream ビルド サードパーティ統合を使用するのではなく、連続統合用のネイティブ ビルドを作成します。
Jenkins コード アーティファクトをビルドします。
E メール ユーザーに通知を送信します。
JIRA パイプラインが機能しなかったときにチケットを作成します。
Bugzilla バグを作成および追跡します。

サポートされているエンドポイントの完全なリストについては、エンドポイントとはを参照してください。

VMware Code Stream を使用する理由

開発者または DevOps 管理者として、既存の開発ツールを引き続き使用しながら、VMware Code Stream を使用して DevOps リリースのライフサイクル全体を自動化できます。VMware Code Stream の特徴は次のとおりです。

  • 自動化が容易
  • オープン ソースなしでプラグインをすぐに使える
  • モデリングが容易でパイプラインをコード化できる
  • VMware Cloud PKS との統合が容易
  • レポートを作成して判断材料を得ることができる
  • 詳細なダッシュボードで完全な可視化を実現できる
  • ダッシュボードをカスタマイズできる
  • DevOps メトリックと判断材料
  • ガバナンス
  • ロールベースのアクセス
  • 非公開で制限された変数、および承認
  • プロジェクト

VMware Code Stream では、ソース コードを開発段階とテスト段階で実行してから本番環境にリリースするため、ソフトウェア アプリケーションの展開が簡素化されます。また、Git トリガを使用しているので生産性が向上します。開発者がコードをチェックインすると、VMware Code Stream がパイプラインをトリガし、アプリケーションのビルド、テスト、および展開を自動化します。

VMware Code Stream は、他の vRealize Automation Cloud コンポーネントとともに使用できます。

  • VMware Cloud Assembly クラウド テンプレートを展開し、そのクラウド テンプレートが公開するパラメータ値を使用します。
  • VMware Service Broker にパイプラインを公開して、チーム メンバーがそのパイプラインを各自のクラウド リージョンに展開できるようにします。

VMware Code Stream のその他の使用方法については、Code Stream のその他の機能を参照してください。