Code Stream をセットアップする管理者は、ログイン後、エンドポイントの追加、パイプラインの作成と実行、および結果の表示を行うことができます。

Code Stream は、クラウド プロキシを介してオンプレミスのエンドポイントに接続します。ネットワーク構成と、そのネットワーク内にあるオンプレミスのエンドポイントの場所によって、必要なクラウド プロキシ インスタンスの数が決まります。オンプレミスのすべてのエンドポイントが同じネットワークにある場合は、クラウド プロキシを 1 つのみインストールします。オンプレミスのエンドポイントが複数のネットワークにある場合は、独立したネットワークごとにクラウド プロキシを 1 つインストールします。次に、 Code Stream のエンドポイント設定で、エンドポイントと同じネットワークにあるクラウド プロキシを選択します。

この使用事例では、クラウドベースの Code Stream サービスをオンプレミスの GitLab リポジトリに接続するクラウド プロキシを追加して、パイプラインで Kubernetes ファイルをダウンロードできるようにします。

クラウド プロキシを追加するには、OVA を VMware Cloud Assembly からダウンロードして vCenter Server インスタンスにインストールします。次に、 Code Stream で、 Code Stream がクラウド プロキシを介してオンプレミスのリポジトリに接続するために使用する Git エンドポイントを追加します。続いて、オンプレミスの GitLab リポジトリから開発者コードを取得して Kubernetes クラスタに展開するパイプラインを作成します。

スタート ガイド プロセスは、 Code Stream ユーザー インターフェイスのガイダンスありのセットアップとしても利用できます。[ヘルプ] アイコンをクリックして、[ガイダンスありのセットアップ] をクリックします。

Code Stream を開始するには、エンドポイントとクラウド プロキシを追加し、パイプラインを作成して実行する必要があります。

前提条件

  • GitLab リポジトリまたは GitHub リポジトリがオンプレミスに配置され、パイプラインで使用されるコードが含まれていることを確認します。
  • クラウドベースの Code Stream サービスをオンプレミスの GitLab リポジトリまたは GitHub リポジトリに接続するには、VMware Cloud Assembly にアクセスしてクラウド プロキシを追加できることを確認します。

手順

  1. クラウドベースの Code Stream がオンプレミスの GitLab リポジトリに接続するために使用するクラウド プロキシをセットアップします。
    あるいは、ローカルのクラウド プロキシが使用可能な場合は、Git エンドポイントを追加するときにクラウド プロキシに対して [デフォルト] を選択できます。この使用事例の例では、クラウド プロキシの名前は codestream です。
    1. クラウド プロキシを追加するには、クラウド プロキシ OVA をダウンロードして vCenter Server インスタンスにインストールします。
    2. VMware Cloud Assembly サービスに移動し、[インフラストラクチャ][クラウド プロキシ][新規] の順にクリックしてクラウド プロキシをインストールします。
      クラウド プロキシを追加するときは、OVA ファイルをダウンロードして vCenter Server にインポートします。その際、ここでコピーしたキーを指定する必要があります。
  2. Code Stream をオンプレミスの GitLab リポジトリに接続する Git エンドポイントを追加します。
    1. [エンドポイント] をクリックします。
    2. Git エンドポイント タイプを選択し、名前と説明を入力します。
    3. 作成したクラウド プロキシを選択します。この例では、クラウド プロキシの名前は codestream です。あるいは、ローカルのクラウド プロキシを使用するには、[デフォルト] を選択します。
    4. その他の情報とトークンを入力します。
    5. エンドポイントへの接続をテストするには、[検証] をクリックし、エンドポイントを保存します。
      Code Stream とリポジトリを接続するエンドポイントを追加するときは、クラウド プロキシとリポジトリ サーバを選択して、リポジトリ URL を入力します。
  3. [パイプライン] をクリックしてパイプラインを作成し、Git エンドポイントを使用するタスクを追加します。必要に応じて E メール通知を追加できます。
    パイプラインを作成するときは、タスクを追加して、各タスクの詳細を入力します。
  4. パイプラインを保存し、[有効] をクリックして、パイプラインを実行できるようにします。
    パイプラインを保存した後は、実行する前にパイプラインを有効にしておく必要があります。
  5. パイプラインを有効にしたら、[実行] をクリックします。
  6. [実行] をクリックし、実行中のパイプラインを監視します。
    実行中のパイプラインを監視する場合、ステージ アイコンを見ると、その進行状況がわかります。
  7. パイプラインが機能しなかった場合は、問題を修正してから再度実行します。
  8. [ダッシュボード] をクリックし、パイプライン アクティビティを監視できるようにパイプライン ダッシュボードを選択します。

結果

パイプラインが実行され、GitLab インスタンスから開発者ファイルがダウンロードされました。パイプライン タスクにより、アプリケーションが Kubernetes クラスタに展開され、パイプライン ダッシュボードでアクティビティすべてを監視しました。

次のタスク

Code Stream の使用方法の詳細については、「What is VMware Code Stream and how does it work」を参照してください。

ここで必要な情報が見つからない場合は、製品内にあるヘルプを参照できます。

  • コンテキスト固有の情報を取得するには、必要に応じてユーザー インターフェイス上の Signpost やツールチップのクリックや確認を行います。
  • [製品内サポート] パネルを開き、[アクティブなユーザー インターフェイス] 画面に表示されるトピックを参照します。質問に対する回答を得るには、パネルで検索するという方法もあります。