Code Stream 管理者または開発者は、DevOps のリリース ライフサイクルのステップをモデル化して自動化する、より複雑なパイプラインを作成できます。

詳細 使用と管理についての参照先
概要と実行可能な操作

概要と仕組み

リリース プロセスのモデリング

リリース プロセスをモデリングするための設定

CICD、CI、または CD ネイティブ ビルドの計画とパイプラインの作成

コードのネイティブなビルド、連携、配布の計画

ユースケースとチュートリアル

例:

コードを my GitHub または GitLab リポジトリから自分のパイプラインに継続的に統合する方法

その他

Code Stream で実行できる操作の詳細については、 Code Stream の製品内サポート パネルにある製品内ヘルプを参照してください。

Code Stream で製品内ヘルプを使用すると、ダッシュボードなど、多くのサブジェクトに関する情報を検索して見つけることができます。

製品内ヘルプを使用することで、以下の機能などについて理解できます。

  • クラウドベースのエンドポイントおよびオンプレミスのリモート エンドポイントとの通信
  • 制限されたリソースおよび変数の操作
  • プロジェクトの操作
  • 開発者がコードを更新するときのパイプラインのトリガ
  • カスタム ダッシュボードにおけるパイプラインに対する KPI の追跡

Code Stream で実行できる操作の詳細については、VMware Code Stream の使用と管理を参照してください。