VMware Code Stream™ は、連続統合および継続的デリバリ (CICD) ソフトウェアであり、ソフトウェアを迅速かつ確実に配信します。しかも、オーバーヘッドがほとんどありません。VMware Code Stream は、モノリシックなレガシー アプリケーションの展開をサポートし、複数のクラウドで実行される Docker コンテナおよび Kubernetes コンテナを使用します。

VMware Code Stream を使用すると、Git や Jenkins などの既存の開発ツールを使用しながら、DevOps のライフサイクル全体を自動化するパイプラインを作成できます。

サンプル パイプラインは、Jenkins 上でコードをビルドして Kubernetes に展開し、開発と展開のためのステージとタスクを含んでいます。

VMware Code Stream を使用すると、ソース コードが開発リポジトリからテストを経て本番環境に至るため、アプリケーションのビルド、テスト、展開を簡素化し、生産性を高めることができます。VMware Code Stream は、カスタム アプリケーションと商用アプリケーションをサポートするほか、VMware Cloud Templates などのオブジェクトもサポートします。

2020 年 9 月以降、ブループリントは VMware Cloud Templates という名称に変更されました。