VMware Code Stream に継続的デリバリ (CD) パイプラインを作成するには、CD スマート テンプレートを使用します。CD ネイティブ ビルドを計画するには、この例のように、必要な情報を収集してスマート テンプレートに入力してから、そのテンプレートを使用してパイプラインを作成します。

スマート テンプレートに入力すると、リポジトリに CD パイプラインが作成され、パイプラインの実行に必要なアクションが実行されます。パイプラインの実行後、その実行のトレンドを監視できます。

ビルドを計画してから CD スマート テンプレートを使用するには、次の操作を行います。

すべての情報を収集し、必要な設定を行ったら、次の方法で CD スマート テンプレートからパイプラインを作成します。

[パイプライン] で、[スマート テンプレート] を選択します。

スマート テンプレートを選択します。

CD スマート テンプレートを選択します。

スマート テンプレートから継続的デリバリ パイプラインを作成します。

テンプレートに入力し、パイプラインの名前を入力してから、[作成] をクリックして、作成されたステージとともにパイプラインを保存します。

必要に応じて、パイプラインを編集して最終的な変更を加えることができます。次に、パイプラインを有効にして実行できます。パイプラインの実行後、次の点を確認します。

  • パイプラインが正常に完了したことを確認します。[実行] をクリックし、パイプラインを検索します。正常に完了しなかった場合は、エラーを修正して再度実行します。
  • Git webhook が正しく動作していることを確認します。Git の [Activity] タブにイベントが表示されます。[トリガ] > [Git] > [アクティビティ] の順にクリックします。
  • パイプライン ダッシュボードで、トレンドを確認します。[ダッシュボード] をクリックし、パイプライン ダッシュボードを検索します。カスタム ダッシュボードを作成して、他の KPI もレポートできます。

詳細な例については、コードを my GitHub または GitLab リポジトリから VMware Code Streamの自分のパイプラインに継続的に統合する方法を参照してください。