VMware Code Stream™ は、継続的インテグレーションおよび継続的デリバリ (CICD) ツールと呼ばれるもので、DevOps ライフサイクルでのソフトウェア リリース プロセスをモデル化するパイプラインをビルドできます。パイプラインを作成することで、ソフトウェアを迅速かつ継続的に配信するコード インフラストラクチャをビルドします。

開発者がコードをチェックインしてからアプリケーションを展開するまでのワークフロー

Code Stream を使用してソフトウェアを配信すると、DevOps ライフサイクルの最も重要な部分のうち、リリース プロセスと開発者ツールの 2 つを統合できます。初期セットアップは Code Stream を既存の開発ツールと統合し、これが終わると、パイプラインは DevOps ライフサイクル全体を自動化します。

2020 年 9 月以降、ブループリントは VMware Cloud Templates という名称に変更されました。

ソフトウェアをビルド、テスト、およびリリースするパイプラインを作成します。 Code Stream は、このパイプラインを使用して、ソフトウェアをソース コード リポジトリから、テストを経て本番環境に進めます。

開発から本番に至るまでの VMware Code Stream の機能。

VMware Code Stream でコードをネイティブにビルド、統合、および配信することを計画する で、継続的インテグレーションおよび継続的デリバリ パイプラインの計画の詳細を確認できます。

Code Stream 管理者による Code Stream の使用方法

管理者としてエンドポイントを作成し、開発者が作業インスタンスを使用できるようにします。パイプラインの作成、トリガ、管理などを行うことができます。Code Stream でユーザー アクセスと承認を管理する方法に記載されているように、Administrator ロールが付与されています。

表 1. Code Stream 管理者による開発者のサポート方法
開発者へのサポート 実行できる操作
環境を提供および管理します。

開発者がコードをテストして展開するための環境を構築します。

  • 状態を追跡し、E メール通知を送信します。
  • 環境が継続的に動作するようにして、開発者の生産性を維持します。

詳細については、VMware Code Stream 管理者および開発者向けのその他のリソースを参照してください。

また、VMware Code Stream を使用するためのチュートリアルも参照してください。

リモートのオンプレミス エンドポイントを提供します。

リモートのオンプレミス エンドポイントのインスタンスが正常に機能していて、開発者が自身のパイプラインに接続できることを確認します。

開発者がパイプラインをオンプレミスのリモート エンドポイントに接続する必要がある場合は、クラウド プロキシをダウンロードしてインストールする必要があります。オンプレミスのエンドポイントは、プロキシを介して通信し、パイプラインの実行に必要なデータを提供します。

Code Stream はクラウド プロキシを介してオンプレミスのエンドポイントに接続します。ネットワーク構成と、そのネットワーク内にあるオンプレミスのエンドポイントの場所によって、必要なクラウド プロキシ インスタンスの数が決まります。オンプレミスのエンドポイントがいずれも同じネットワークにある場合は、クラウド プロキシを 1 つインストールします。オンプレミスのエンドポイントが異なるネットワークにある場合は、独立したネットワークごとにクラウド プロキシを 1 つインストールします。次に、 Code Stream のエンドポイント設定で、エンドポイントと同じネットワークにあるクラウド プロキシを選択します。

詳細については、エンドポイントへの VMware Code Stream の接続を参照してください。

クラウドベースのエンドポイントを提供します。

クラウドベースのエンドポイントのインスタンスが正常に機能していて、開発者が自身のパイプラインに接続できることを確認します。

詳細については、エンドポイントへの VMware Code Stream の接続を参照してください。

他のサービスへの統合を提供します。

他のサービスへの統合が機能していることを確認します。

詳細については、vRealize Automation Cloud ドキュメントを参照してください。

パイプラインを作成します。

リリース プロセスをモデル化するパイプラインを作成します。

詳細については、VMware Code Stream でのパイプラインの作成と使用を参照してください。

パイプラインをトリガします。

イベントが発生したときにパイプラインが実行されていることを確認します。

  • ビルド アーティファクトの作成または更新時に必ずスタンドアローンの継続的デリバリ (CD) パイプラインをトリガするには、Docker トリガを使用します。
  • 開発者が変更をコードにコミットしたときにパイプラインをトリガするには、Git トリガを使用します。
  • 開発者がコードのレビュー、マージなどを行う際にパイプラインをトリガするには、Gerrit トリガを使用します。
  • ビルド アーティファクトの作成または更新時に必ずスタンドアローンの継続的デリバリ (CD) パイプラインを実行するには、Docker トリガを使用します。

詳細については、VMware Code Stream でのパイプラインのトリガを参照してください。

パイプラインと承認を管理します。

パイプラインで最新の状態を維持します。

  • パイプラインのステータスを表示し、パイプラインの実行者を確認します。
  • パイプライン実行について承認を表示し、アクティブおよび非アクティブなパイプライン実行の承認を管理します。

詳細については、VMware Code Stream でのユーザー操作と承認についてを参照してください。

また、VMware Code Stream でパイプラインのキー パフォーマンス インジケータを追跡する方法も参照してください。

開発者環境の監視を行います。

パイプラインのステータス、トレンド、メトリック、および主要インジケータを監視するカスタム ダッシュボードを作成します。カスタム ダッシュボードを使用して、開発環境で合格または失敗したパイプラインを監視します。使用率の低いリソースを特定してレポートし、リソースを解放することもできます。

また、以下を表示することもできます。

  • パイプラインが正常に完了するまでの実行時間。
  • パイプラインが承認を待機した時間。パイプラインを承認する必要があるユーザーに通知します。
  • 最もよく失敗するステージとタスク。
  • 実行に最も時間がかかるステージとタスク。
  • 開発チームが進行中のリリース。
  • 正常に展開およびリリースされたアプリケーション。

詳細については、VMware Code Stream でのパイプラインの監視を参照してください。

問題のトラブルシューティングを行います。

開発者環境でパイプラインの障害をトラブルシューティングして解決します。

  • 継続的インテグレーションおよび継続的デリバリ環境 (CICD) の問題を特定して解決します。
  • 詳細を表示するには、パイプライン ダッシュボードを使用し、カスタム ダッシュボードを作成します。VMware Code Stream でのパイプラインの監視を参照してください。

また、リリース プロセスをモデリングするための VMware Code Stream の設定も参照してください。

Code StreamvRealize Automation Cloud の一部です。 Code Stream は次と統合されます。

  • VMware Cloud Assembly を使用して、クラウド テンプレートを展開します。
  • VMware Service Broker を使用して、カタログからクラウド テンプレートを取得します。

その他の操作については、VMware Code Stream ドキュメントを参照してください。

開発者による Code Stream の使用方法

開発者がパイプラインをビルドおよび実行し、ダッシュボードでパイプライン アクティビティを監視するには、 Code Stream を使用します。Code Stream でユーザー アクセスと承認を管理する方法に記載されているように、User ロールが付与されています。

パイプラインを実行したら、次のことを確認してください。

  • パイプラインのどの段階でもコードが正常に完了したかどうか。[実行] の結果を確認します。
  • パイプラインが失敗した場合、どうすればよいか、および失敗した原因は何か。発生した上位のエラーを [ダッシュボード] で確認します。
表 2. Code Stream を使用する開発者
コードを統合してリリースするには ... 次の操作を実行します ...
パイプラインをビルドします。

コードをテストして展開します。

パイプラインが失敗したときにコードを更新します。

パイプラインをエンドポイントに接続します。

パイプライン内のタスクを、GitHub リポジトリなどのエンドポイントに接続します。クラウドベースおよびオンプレミスのリモート エンドポイントは、パイプラインの実行に必要なデータを提供します。

パイプラインを実行します。

ユーザー操作承認タスクを追加して、別のユーザーが特定の時点でパイプラインを承認できるようにします。

ダッシュボードを表示します。

パイプライン ダッシュボードに結果を表示します。トレンド、履歴、障害などが表示されます。

作業を開始するには、VMware Code Stream スタート ガイドを参照してください。

製品内サポート パネルで詳細なドキュメントを参照してください

ここで必要な情報が見つからない場合は、製品内にあるヘルプを参照できます。

  • ユーザー インターフェイスの Signpost およびツールチップをクリックして表示し、任意のタイミングと場所でコンテキスト固有の必要な情報を取得します。
  • [製品内サポート] パネルを開き、[アクティブなユーザー インターフェイス] 画面に表示されるトピックを参照します。パネルで検索して、質問に対する回答を取得することもできます。