VMware Code Stream はプラグインを使用して開発ツールと統合されます。サポートされているプラグインには、Jenkins、Bamboo、vRealize Operations、Bugzilla、Team Foundation Server、Git などがあります。

また、独自のプラグインを開発して、VMware Code Stream を他の開発アプリケーションと統合することもできます。

VMware Code Stream を JIRA と統合する場合、JIRA チケット作成機能が通知タイプとして VMware Code Stream に組み込まれているため、外部プラグインは必要ありません。パイプライン ステータスに JIRA チケットを作成するには、JIRA エンドポイントを追加する必要があります。