CICD、CI、または CD パイプラインを作成するネイティブ機能を使用して VMware Code Stream でコードをビルド、統合、および配信する前に、ネイティブ ビルドを計画します。次に、いずれかのスマート パイプライン テンプレートを使用するか、手動でステージおよびタスクを追加して、パイプラインを作成できます。

継続的インテグレーションおよびデリバリ ビルドの計画方法の例をいくつかご紹介します。これらのプランでは、必要となる前提条件と、ネイティブ ビルド機能を効果的に使用してパイプラインをビルドするための準備に役立つ概要について説明します。