Code Stream の管理者または開発者は、VMware Code Stream ダッシュボードを使用して、パイプライン実行のトレンドと結果を監視できます。デフォルトのパイプライン ダッシュボードを使用すると、1 つのパイプラインを監視できるほか、複数のパイプラインを監視するためのカスタム ダッシュボードを作成できます。

パイプライン ダッシュボードとは

パイプライン ダッシュボードには、特定のパイプラインの実行結果が表示されます。トレンド、発生数の多い障害、正常に完了した変更などです。パイプラインを作成すると、VMware Code Stream がパイプライン ダッシュボードを作成します。

カスタム ダッシュボードとは

カスタム ダッシュボードには、1 つ以上のパイプラインの実行結果が表示されます。結果を表示するには、カスタム ダッシュボードを作成し、ウィジェットを追加します。たとえば、複数のパイプラインから KPI とメトリックを収集し、プロジェクト全体のダッシュボードを作成できます。実行時に警告や障害がレポートされた場合は、ダッシュボードを使用して、その障害のトラブルシューティングを行うことができます。