特定のイベントが発生したときに、VMware Code Stream がパイプラインをトリガするように設定できます。

たとえば、次のことができます。

  • 新しいアーティファクトが作成または更新されたときに、Docker トリガを使用してパイプラインを実行します。
  • 開発者がコードを更新したときに、Git トリガを使用してパイプラインをトリガします。
  • 開発者がコードを確認したときに、Gerrit トリガを使用してパイプラインをトリガします。
  • ビルドが完了したら、curl コマンドを使用して Jenkins がパイプラインをトリガするようにします。