Code Stream の管理者または開発者は、VMware Code Stream の詳細について学ぶことができます。

表 1. 管理者向けのその他のリソース
詳細を知りたい内容 参照リソース

管理者が VMware Code Stream を使用できるその他の方法:

  • クラウド ネイティブ アプリケーションのテストおよびリリースを自動化するためのパイプラインを構成する。
  • テストを通じて開発者のソース コードを自動化して、本番環境に対してテストする。
  • 開発者がプライマリ ブランチに変更をコミットする前にテストするためのパイプラインを構成する。
  • 重要なパイプライン メトリックを追跡する。

VMware Code Stream

VMware ハンズオン

表 2. 開発者向けのその他のリソース
詳細を知りたい内容 参照リソース

開発者が VMware Code Stream を使用できるその他の方法:

  • パブリックおよびプライベートのレジストリ イメージを使用して新しいアプリケーションまたはサービスの環境をビルドする。
  • 最新の安定したビルドからブランチを作成できるように開発環境をセットアップする。
  • 最新のコード変更およびアーティファクトを使用して開発環境を更新する。
  • 他の依存関係サービスの最新の安定したビルドに対するコミットされていないコード変更をテストする。
  • プライマリ CICD パイプラインにコミットされた変更によって他のサービスが中断されたときに通知を受け取る。

VMware Code Stream

VMware ハンズオン