通知は、 Code Stream でパイプラインのステータスをチームが把握できるようにするためのチームとの通信方法です。

パイプライン、ステージ、またはタスク全体のステータスに基づいて、パイプラインの実行時に通知を送信するように、 Code Stream を構成できます。

  • E メール通知により、次のときに E メールが送信されます。
    • パイプラインの完了、待機中、失敗、キャンセル、または開始。
    • ステージの完了、失敗、または開始。
    • タスクの完了、待機中、失敗、または開始。
  • チケット通知により、次のときにチケットが作成され、チーム メンバーに割り当てられます。
    • パイプラインの失敗または完了。
    • ステージの失敗。
    • タスクの失敗。
  • Webhook 通知により、次のときに別のアプリケーションに要求が送信されます。
    • パイプラインの失敗、完了、待機中、キャンセル、または開始。
    • ステージの失敗、完了、または開始。
    • タスクの失敗、完了、待機中、または開始。

たとえば、ユーザー操作タスクで E メール通知を設定して、パイプラインの特定の時点で承認を得ることができます。パイプラインが実行されると、このタスクは、タスクを承認する必要があるユーザーに E メールを送信します。パイプライン タスクが失敗した場合に JIRA チケットを作成するための通知を設定することもできます。または、パイプライン イベントに基づいて、パイプラインのステータスに関する要求を Slack チャンネルに送信するように Webhook 通知を構成できます。

すべてのタイプの通知で変数を使用できます。たとえば、Webhook 通知の URL で ${var} を使用できます。

前提条件

  • 1 つ以上のパイプラインが作成されていることを確認します。VMware Code Stream を使用するためのチュートリアルのユースケースを参照してください。
  • E メール通知を送信するには、稼動中のメール サーバにアクセスできることを確認します。ヘルプについては、管理者に確認してください。
  • JIRA チケットなどのチケットを作成するには、エンドポイントがあることを確認します。Code Streamでのエンドポイントとはを参照してください。
  • 統合に基づいて通知を送信するには、Webhook 通知を作成します。次に、Webhook が追加され、動作していることを確認します。Slack、GitHub、GitLab などのアプリケーションで通知を使用できます。
  • GitHub Enterprise のオンプレミス インスタンスなど、オンプレミスのソース コード リポジトリに Webhook が接続されている場合は、クラウド プロキシがあることを確認します。クラウド プロキシを追加する例については、リリース プロセスをモデリングするための VMware Code Stream の設定を参照してください。

手順

  1. パイプラインを開きます。
  2. パイプラインの全体的なステータス、またはステージまたはタスクのステータスに関する通知を作成するには、次の手順を実行します。
    通知を作成するベース 操作
    パイプライン ステータス パイプライン キャンバス上の空白領域をクリックします。
    ステージのステータス パイプラインのステージ内の空白領域をクリックします。
    タスクのステータス パイプラインのステージ内のタスクをクリックします。
  3. [通知] タブをクリックします。
  4. [追加] をクリックし、通知のタイプを選択して、通知の詳細を構成します。
  5. パイプラインが成功したときの Slack 通知を作成するには、webhook 通知を作成します。
    1. [Webhook] を選択します。
    2. Slack 通知を構成する情報を入力します。
    3. [保存] をクリックします。
      パイプライン完了の Slack 通知を構成します。
    4. パイプラインが実行されると、Slack チャンネルがパイプライン ステータスの通知を受け取ります。たとえば、ユーザーの Slack チャンネルには以下が表示される場合があります。
      Codestream APP [12:01 AM]
      Tested by User1 - Staging Pipeline 'User1-Pipeline', Pipeline ID 'e9b5884d809ce2755728177f70f8a' succeeded
  6. JIRA チケットを作成するには、チケット情報を構成します。
    1. [チケット] を選択します。
    2. JIRA 通知を構成する情報を入力します。
    3. [保存] をクリックします。
      パイプライン通知の JIRA チケット

結果

これで完成です。 Code Stream では、パイプラインの複数の領域でさまざまなタイプの通知を作成できることを学習しました。

次のタスク

通知を作成する方法の例の詳細については、パイプライン タスクが失敗したときに VMware Code Stream で JIRA チケットを作成する方法を参照してください。