このセクションでは、VMware Edge Network Intelligence のアーキテクチャの概要について説明します。

VMware Edge Network Intelligence は、オンプレミス デバイスを使用して多くのデータ ソースからデータを収集し、そのデータを VMware Edge Network Intelligence のバックエンド システム(クラウドまたはオンプレミス)に送信します。デバイスはクローラーと呼ばれ、スタンドアローン デバイス、仮想マシン、または VMware SD-WAN Edge デバイスに組み込まれている場合があります。クローラーは、中央のデータセンターまたはブランチに配置できます。複数のクローラーが連携してデータを収集し、重複しているデータを重複排除します。このクローラーは、スイッチ、ルーター、WLAN コントローラ、UC システム、RADIUS サーバ、SPAN セッション、SD-WAN セッションからのインライン データおよびその他のアプリケーションからデータを収集します。このデータを組み合わせて、Edge デバイスとそのアプリケーションおよびネットワークの統計情報を特定します。このデータを使用して、VMware Edge Network Intelligence バックエンドはパフォーマンスのベースラインを作成し、パフォーマンスや接続の問題の根本原因を特定します。

通常、クローラーは、ユーザー トラフィックを SPAN または TAP 経由でキャプチャできるポイントの近くにあるネットワークに配置されます(これは多くの場合、WLAN コントローラの近くにあります)。または、クローラーが SD-WAN Edge と同じデバイスである場合は、パススルー トラフィックからユーザー データが収集されます。クローラー管理インターフェイスは、システムの他のコンポーネントからデータを収集し、収集されたデータを VMware Edge Network Intelligence バックエンド システムに送信するために使用されます。

図 1.