使用可能なメモリを増やすことによって、特定のアプリケーションのパフォーマンスを向上できます。オペレーティング システムで使用可能なメモリが増えると、キャッシングが促進され、仮想マシンのパフォーマンスが向上する可能性があります。仮想マシンで使用可能な仮想メモリ量を変更できます。

始める前に

仮想マシンをシャットダウンまたはパワーオフしてください。仮想マシンがパワーオンまたはサスペンド状態の場合、設定を変更することはできません。

このタスクについて

Windows と Mac アプリケーションのパフォーマンスを最善のバランスにするには、Windows に割り当てるメモリが多すぎないようにします。これは、多すぎると Mac が遅くなる場合があるためです。Windows XP の場合、インターネットおよび生産性向上用 Office アプリケーションには、512 MB のメモリが最適です。

Windows Vista、Windows 7、Windows 8、および Windows 10 の場合は、インターネットおよび生産性向上用 Office アプリケーションには、1 GB のメモリが最適です。Windows 7、Windows 8、および Windows 10 では、32 ビット版と 64 ビット版の両方で 1 GB のメモリが適しています。デフォルトでは、Mac のメモリが 6 GB 以上ある場合、Fusion は、64 ビット版の Windows 7、Windows 8、または Windows 10 ゲストに対して 2 GB のメモリを使用します。これらの設定は、Fusion 簡易インストールで作成される Windows 仮想マシン用のデフォルトのメモリ設定です。

注:

製造メーカーの推奨設定は、パフォーマンスに関して一般的に仮想化を考慮に入れていません。良好なパフォーマンスは、仮想マシンの要件と Mac の要件のバランスに基づきます。

手順

  1. ウィンドウ > 仮想マシンのライブラリ を選択します。
  2. 仮想マシンのライブラリ ウィンドウで仮想マシンを選択し、設定 をクリックします。
  3. 設定 ウィンドウの [システム設定] で、プロセッサとメモリ をクリックします。
  4. スライダ コントロールを使用して、仮想マシンに割り当てるメモリの量を設定します。

    メモリ スライダ コントロールは、仮想マシンの推奨メモリ量を表示します。