既存の仮想ハード ディスクを仮想マシンに追加することができます。ディスクを仮想マシンにコピーまたは移動することも、仮想マシン間で共有することもできます。

このタスクについて

注意:

仮想ハード ディスクを移動すると、仮想ハード ディスクを使用する他の仮想マシンを停止させることができます。これは、物理コンピュータからハード ディスクを取り外して別のコンピュータに取り付けるのと同じことです。

手順

  1. ウィンドウ > 仮想マシンのライブラリ を選択します。
  2. 仮想マシンのライブラリ ウィンドウで仮想マシンを選択し、設定 をクリックします。
  3. デバイスを追加 をクリックします。
  4. 既存のハード ディスク をクリックします。
  5. デバイスを追加 をクリックします。
  6. [開く] ダイアログ ボックスで、既存の .vmdk ハード ディスク ファイルの場所を参照します。
  7. 仮想ハード ディスク ファイルを追加する方法を選択します。

    オプション

    説明

    仮想ディスクの個別のコピーを作成する

    デフォルトです。仮想ハード ディスク ファイルをこの仮想マシンのパッケージにコピーします。仮想ハード ディスクをコピーすると、この仮想マシンが、仮想ハード ディスクを使用する可能性がある他のどの仮想マシンとも競合することがなくなります。

    この仮想ディスクを作成した仮想マシンと仮想ディスクを共有する

    仮想ハード ディスク ファイルは、元の場所に置かれたままとなります。このファイルが元の仮想マシンでも使用されている場合は、これにより競合が発生する可能性があります。

    現在このディスクを使用している仮想マシンからディスクを取り除く

    仮想ハード ディスク ファイルをこの仮想マシンのパッケージに移動します。

  8. 開く をクリックします。
  9. 適用 をクリックします。

タスクの結果

仮想ディスクのコピーを選択した場合、Fusion はその進捗状況をダイアログ ボックスで表示します。