使用可能なプロセッサ数を増やすことによって、同時に実行できるタスク数が増えるため、仮想マシンのパフォーマンスを向上できます。仮想マシンに仮想プロセッサを割り当てると、Mac で使用可能なプロセッサ リソースが減少します。

始める前に

仮想マシンをシャットダウンまたはパワーオフしてください。仮想マシンがパワーオンまたはサスペンド状態の場合、設定を変更することはできません。

このタスクについて

生産性向上用の Office およびインターネット アプリケーションを主に実行する Windows 仮想マシンの場合、複数の仮想プロセッサを使用してもメリットはないので、デフォルトの単一仮想プロセッサが最善です。サーバの負荷および数値計算が集中するアプリケーションでは、追加の仮想プロセッサによってアプリケーション パフォーマンスが改善する場合があります。

アプリケーション

推奨されるプロセッサ数

デスクトップ アプリケーション

1 個のプロセッサ

サーバ オペレーティング システム

2 個のプロセッサ

ビデオ エンコーディング、モデリング、および科学的

4 個のプロセッサ

状況によっては、プロセッサを追加すると仮想マシンおよび Mac で全般的なパフォーマンスが低下することがあります。これは、オペレーティング システムまたはアプリケーションがプロセッサを効率的に使用していない場合に発生します。この場合は、プロセッサ数を少なくしてください。

Mac のすべてのプロセッサを仮想マシンに割り当てると、極端なパフォーマンス低下が生じます。Mac アプリケーションが実行されていない場合であっても、Mac OS X はバックグラウンド タスクの実行を続行する必要があります。すべてのプロセッサを仮想マシンに割り当てると、重要な Mac のタスクの完了が妨げられます。

手順

  1. ウィンドウ > 仮想マシンのライブラリ を選択します。
  2. 仮想マシンのライブラリ ウィンドウで仮想マシンを選択し、設定 をクリックします。
  3. 設定 ウィンドウの [システム設定] で、プロセッサとメモリ をクリックします。
  4. 仮想マシンのプロセッサ コア数を選択します。

    プロセッサの選択数についての情報は、プロセッサ&メモリ ウィンドウの下に表示されます。

  5. 仮想マシンを再起動します。