仮想マシンでどのレベルのトラブルシューティング情報を収集するかを決定できます。

このタスクについて

収集するトラブルシューティング情報のレベルは、仮想マシンのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

手順

  1. ウィンドウ > 仮想マシンのライブラリ を選択します。
  2. 仮想マシンのライブラリ ウィンドウで仮想マシンを選択し、設定 をクリックします。
  3. 設定 ウィンドウの [その他] で、詳細 をクリックします。
  4. トラブルシューティング メニューからオプションを選択します。

    オプション

    説明

    デフォルト

    Fusion は仮想マシンに対して最善の設定を決定します。

    なし

    Fusion は、仮想マシンからトラブルシューティング情報を収集しません。この設定によって、仮想マシンを最も高速に実行できます。

    ハング/クラッシュ

    Fusion は、仮想マシンのハングまたはクラッシュについての正確性情報を収集します。

    パフォーマンス

    Fusion は、仮想マシンでの操作に時間がかかりすぎている場合などにパフォーマンス情報を収集します。

次のタスク

VMware Fusion メニュー バーから、ヘルプ > サポート情報の収集 を選択し、Fusion が収集した、仮想マシンに関するトラブルシューティング情報を収集します。Fusion は、トラブルシューティング データが格納された .zip ファイルをデスクトップに作成します。