ファイルが Mac 上にあるか仮想マシン内にあるかにかかわらず、特定のアプリケーションでそのファイルを開くことができるように Fusion を設定できます。

始める前に

  • VMware Tools がインストールをされていることを確認します。

  • 仮想マシンがサスペンドされている場合は、パワーオンします。

このタスクについて

デフォルト アプリケーション設定で、仮想マシンのアプリケーションを Mac の アプリケーション メニューおよび Spotlight に追加することができます。

手順

  • ウィンドウ > 仮想マシンのライブラリ を選択します。
  • 仮想マシンのライブラリ ウィンドウで仮想マシンを選択し、設定 をクリックします。
  • 設定 ウィンドウの [システム設定] で、デフォルト アプリケーション をクリックします。
  • Mac と仮想マシン間で共有するアプリケーションのデフォルトを選択します。

    複数のオプションを同時に有効にできます。

    オプション

    説明

    Windows アプリケーションを使用して Mac のファイルおよび Web リンクを開く

    仮想マシン内のアプリケーションを使用して、Mac に存在するファイルを開くことができます。たとえば、Mac 上に保存されている Microsoft Word のドキュメントを仮想マシンの Microsoft Office アプリケーションで開くことができます。

    Mac アプリケーションを使用して Windows のファイルおよび Web リンクを開く

    Mac アプリケーションを使用して、仮想マシン内のファイルを開くことができます。

    Mac のアプリケーション フォルダから Windows アプリケーションを実行します

    Mac の アプリケーション フォルダまたは Spotlight を使用して、Windows にインストールされているアプリケーションを検索します。このオプションには VMware Tools が必要です。このオプションを有効にするには、仮想マシンが実行されている必要があります。 このオプションは、共有仮想マシン上で使用できません。

  • (オプション) : 設定 をクリックし、メールや Web ページなどの管理に使用するアプリケーションを割り当てます。デフォルト アプリケーションの環境設定の変更 を参照してください。
  • (オプション) : アプリケーションのリストア をクリックして、Mac のアプリケーション フォルダに一覧表示されているアプリケーションを、デフォルトで Windows に含まれていないアプリケーションのみにリストアします。

    Mac のアプリケーション フォルダからデフォルトで含まれていない Windows アプリケーションを削除していた場合、それらの削除されたアプリケーションがリストアされます。

    Mac のアプリケーション フォルダにデフォルトで含まれているアプリケーションを追加した場合、それらのアプリケーションが Mac のアプリケーション フォルダから削除されます。

  • (オプション) : アプリケーションのクリーンナップ をクリックすると、Mac のアプリケーション フォルダ内の Windows アプリケーションのうち、どの仮想マシンでも使用されていないものが削除されます。