VMware Tools は、仮想マシンのゲスト オペレーティング システムのパフォーマンスを強化し、仮想マシンの管理を拡張するユーティリティ一式です。

たとえば、次の機能は VMware Tools がインストールされている場合にのみ使用できる機能の一部にすぎません。

  • グラフィック パフォーマンスの高速化と、Aero に対応したオペレーティング システムでの Windows Aero のサポート

  • ユニティ機能。これにより、仮想マシンのアプリケーションを、ほかのアプリケーションのウィンドウのようにホストのデスクトップ上に表示できます。

  • ホストとゲスト ファイル システム間でのフォルダ共有

  • 仮想マシンとホストまたはクライアントのデスクトップとの間で、テキスト、グラフィック、ファイルのコピー アンド ペーストが可能

  • マウスのパフォーマンスの向上

  • 仮想マシンの時計とホストまたはクライアント デスクトップの時計との同期

  • ゲスト OS 処理を自動化するスクリプティング

  • 仮想マシンのゲスト カスタマイズを有効にします。

ゲスト OS は VMware Tools がなくても実行できますが、重要な機能を使用できなくなったり、不便になったりします。

Windows 簡易インストール機能または Linux 簡易インストール機能を使用して、オペレーティング システムのインストールが終了した直後に VMware Tools をインストールできます。

Windows 簡易インストールまたは Linux 簡易インストールの場合、Fusion は、オペレーティング システムのインストール終了後すぐに VMware Tools をインストールします。その他の方法でインストールした場合、新しい仮想マシンへのオペレーティング システムのインストールが終了し、仮想マシンを再起動したら、VMware Tools をインストールします。

これらすべての機能がすべてのゲストでサポートされるわけではありません。

VMware Tools プロパティを使用してさまざまなオプションを設定することで、ゲスト OS を仮想マシンに合わせて最適化できます。