現在のスクリーンもしくはウィンドウ サイズに合わせて、仮想マシンを表示するサイズを強制的に変更できます。

このタスクについて

仮想マシンがユニティ モードである場合や仮想マシン表示のサイズ変更が不可能である場合に、このオプションは使用できません。

手順

表示 > 画面に合わせた仮想マシンのサイズ変更 を選択します。

仮想マシンの表示は、現在のスクリーンもしくはウィンドウに合うようにサイズ変更されます。