Fusion のデフォルトでは、Mac オペレーティング システムまたはサードパーティ アプリケーションで登録されているグローバル キーボード ショートカットは、仮想マシンではなく Mac オペレーティング システムに送信されます。

このタスクについて

グローバル Mac キーボード ショートカットの例として、コマンド + Tab(アプリケーションの切り替え)、および F9、F10 および F11(Exposé コマンド)があります。これらのショートカットとコマンドは、Mac OS X のシステム環境設定で設定します。

[Mac ホスト ショートカット] パネルを使用して、Fusion の使用中はこれらのショートカットをすべて無効にできます。この設定は、シングル ウインドウ表示とフル スクリーン モードにのみ適用されます。ユニティ モードでは、すべての Mac OS ショートカットが常に有効になります。

手順

  1. VMware Fusion > 環境設定 の順に選択し、キーボードとマウス をクリックします。
  2. Mac ホスト ショートカット をクリックして、[Mac ホスト ショートカット] パネルに移動します。
  3. すべてのショートカットを有効または無効にするには、Mac OS ホスト キーボード ショートカットを有効にする チェック ボックスを選択または選択解除します。
  4. 仮想マシンがどのようにして Mac コマンドキー(コマンド キー)を Windows コマンド キーに対してマッピングするかをカスタマイズするには、ドロップダウン メニューからオプションを選択します。

    オプション

    説明

    いずれかのコマンド キー

    Windows コマンド キーに対するマッピングにいずれかの Mac コマンド キーを使用します。

    左コマンド キー

    Windows コマンド キーに対するマッピングに左 Mac コマンド キーを使用します。

    右コマンド キー

    Windows コマンド キーに対するマッピングに右 Mac コマンド キーを使用します。

タスクの結果

ここで Mac OS コマンドを編集することはできません。Mac OS コマンドに対する変更は、Mac OS のシステム環境設定で行う必要があります。