フル スクリーン表示の場合、フル スクリーン ミニバーを使用して、状態の変更や 仮想マシン メニュー オプションなどの仮想マシン コントロールにアクセスできます。

このタスクについて

フル スクリーン表示では、仮想マシン ウインドウは、1 つの画面またはマルチ ディスプレイを使用している場合は複数の画面いっぱいに広がります。このモードでは、Mac の Dock は表示されません。ただし、フル スクリーン ミニバーを使用して、一部の 仮想マシン メニュー オプションにアクセスできます。フル スクリーン ミニバーには、Fusion サスペンドおよび仮想マシン用の実行ボタン、一部の仮想マシン オプション、そしてシングル ウィンドウ表示ボタンへの復帰が含まれます。

手順

  1. 表示 > フル スクリーン を選択します。

    仮想マシン表示はフル スクリーン表示に変更され、フル スクリーン ミニバーはデフォルトで画面の右側に表示されます。

  2. ギア アイコンでミニバーのボタンを選択し、フル スクリーン ミニバー メニューからフル スクリーン ミニバーの動作を設定します。

    オプション

    説明

    常に表示

    フル スクリーン ミニバーを常に表示します。

    自動的に隠す/表示する

    実行中の仮想マシンでは、ディスプレイの端のフル スクリーン タイトル バーの位置にポインタを移動した場合にのみ、フル スクリーン ミニバーが表示されます。実行されていない仮想マシンでは、フル スクリーン ミニバーが常に表示されます。

    常に隠す

    フル スクリーン ミニバーを表示しません。コマンド キー + Control + F キーボード ショートカットを使用すると、フル スクリーン モードが終了します。

    画面上の位置

    フル スクリーン ミニバーの表示位置を トップ最下部、または の端のいずれにするのかを設定します。シングル ディスプレイで別の場所にフル スクリーン ミニバーをドラッグアンドドロップするか、ディスプレイが複数ある場合には別のディスプレイにドラッグすることもできます。

    注:

    フル スクリーン ミニバーは、ドラッグによってディスプレイの別の側に移動できます。