各仮想マシンには、チップ セット、BIOS、ポートなどについて標準の仮想ハードウェア設定があります。メモリの量とプロセッサの数は、お使いの Mac に依存します。

プロセッサ

  • 1 つ以上の論理プロセッサを持つホスト システム上に 1 つの仮想プロセッサ

  • 4 つ以上の論理プロセッサを持つホスト システム上に最大 8 個の仮想プロセッサ(8 Way 仮想対称型マルチプロセッシング、または Virtual SMP™)

  • 次の構成には 2 つの論理プロセッサがあります。

    • 2 つ以上の物理 CPU を持つマルチプロセッサの Mac

    • 1 つのマルチコア CPU を持つシングルプロセッサの Mac

チップセット

  • Intel 440BX ベースのマザーボード

  • NS338 SIO

  • 82093AA IOAPIC

BIOS

  • VESA BIOS 搭載の PhoenixBIOS 4.0 Release 6

メモリ

  • 最大 64 GB で、Mac で使用可能なメモリ、仮想マシンのハードウェア バージョン、およびゲスト OS のサポート内容によって異なります

  • すべての仮想マシンで使用できるメモリの合計は、Mac のメモリ容量によってのみ制限されます。

    注:

    仮想マシンへのメモリの割り当てが多すぎる場合、すべての仮想マシンを同時に実行すると、大量のディスク スワップにより Mac の速度が低下する可能性があります。ベスト プラクティスとして、Fusion および実行するすべての仮想マシンが使用するメモリの合計が、Mac の総メモリの 70% を超えないようにしてください。

グラフィックス

  • VGA

  • SVGA

  • Windows XP がゲスト OS の場合、DirectX 9.0c、Shader Model 3、および OpenGL 2.1 による 128 MB 3D 高速化ビデオ

  • Windows Vista 以降がゲスト OS の場合、DirectX 9.0EX、Aero、および OpenGL 2.1 による 256 MB 3D 高速化ビデオ

  • Windows Vista 以降がゲスト OS の場合、DirectX 10、および OpenGL 3.3 による 3D 高速化ビデオ。DirectX 10 では、ホストおよびハードウェア バージョン 12 以降に OSX 10.10 以降がインストールされている必要があります。DirectX 10 では、GPU バージョンの Intel HD4000 以降、Nvidia GeForce 650M 以降、または AMD Radeon HD 5750 以降も必要です。Windows および Linux 用 VMware ゲスト OS OpenGL ドライバは、OpenGL 3.3 コア プロファイルのみをサポートします。OpenGL 3.3 互換性プロファイルはサポートされません。

  • ゲスト OS の Windows XP または Windows 7 以降で OpenGL (Open Graphics Library) の拡張機能であるGL_EXT_texture_compression_s3tc および GL_S3_s3tc を使用するには、そのゲスト OS に Microsoft DirectX エンド ユーザー ランタイムをインストールする必要があります。OpenGL は、2D および 3D コンピュータ グラフィックスを定義するために使用されるアプリケーション プログラム インタフェース (API) です。Microsoft ダウンロード センターの Web サイトから Microsoft DirectX End-User Runtime をダウンロードできます。

IDE デバイス

  • 最大 4 デバイス。これらすべてのデバイスを、仮想ハード ディスクまたは CD/DVD ドライブにすることができます。

  • 最大 8 TB の IDE 仮想ディスク

  • CD/DVD ドライブを、ホスト システムかクライアント システム上の物理デバイス、または ISO イメージ ファイルか DMG イメージ ファイルにすることができます。

SATA デバイス

  • 最大 120 SATA デバイス:4 コントローラ、およびコントローラ当たり 30 デバイス

  • 最大 8 TB の SATA 仮想ディスク

SCSI デバイス

  • 最大 60 デバイス。これらすべてのデバイスを、仮想ハード ディスクまたは CD/DVD ドライブにすることができます。

  • 最大 8 TB の SCSI 仮想ディスク

  • LSI Logic LSI53C10xx Ultra320 SCSI I/O コントローラ。Windows XP ゲスト システムの場合は、LSI Logic Web サイトからアドオンのドライバを入手する必要があります。Web サイトで、Support & Downloads を選択し、ドライバのダウンロードのリンクをクリックし、ドロップダウン メニューのコントローラを選択して、ダウンロードするドライバを見つけます。

  • Mylex (BusLogic) BT-958 互換ホスト バス アダプタ。Windows XP および Windows 2003 のゲスト システムの場合は、VMware Web サイトからアドオンのドライバを入手する必要があります。http://www.vmware.com/download/fusion/drivers_tools.htmlを参照してください。

プリンタ

  • ドライバなしで印刷。PCL および PostScript プリンタを含むホスト プリンタのゲスト仮想マシンでの自動レプリケーション

  • ローカルおよびネットワーク接続プリンタ

フロッピー ドライブ

  • 最大 2 つの 1.44 MB フロッピー デバイス

  • 仮想フロッピー デバイスは、フロッピー イメージ ファイルのみを使用

シリアル (COM) ポート

  • 最大 4 つのシリアル (COM) ポート

  • 仮想シリアル ポートはファイルへの出力のみをサポート

  • ドライバなしで印刷するためにシリアル ポートを 1 つ使用可能

パラレル (LPT) ポート

  • 最大 3 つの双方向パラレル (LPT) ポート

  • 仮想パラレル ポートはファイルへの出力のみをサポート

USB ポート

  • 高速 USB 2.0 および超高速 USB 3.0 をサポートします

  • USB プリンタ、スキャナ、PDA、ハード ディスク ドライブ、メモリ カード リーダ、デジタル カメラなどほとんどのデバイスのほか、Web カメラ、スピーカ、マイクなどのストリーミング デバイスをサポート

キーボード

  • 104 キー Windows 95/98 機能拡張

マウスおよび描画タブレット

  • PS/2 マウス

  • USB マウス

  • USB 描画タブレット

イーサネット カード

  • 最大 10 枚の仮想イーサネット カードをサポートします。

仮想ネットワーク

  • デフォルトでは、ブリッジ、ホストオンリー、および NAT ネットワークの 3 つの仮想ハブが設定されています。

  • TCP/IP v4、Microsoft ネットワーク、Samba、Novell Netware、Network File System など、イーサネット ベースのほとんどのプロトコルをサポートします。

  • 組み込み型の NAT は、TCP/IP v4、FTP、DNS、HTTP、WINS、および Telnet を使用するクライアント ソフトウェアをサポートします。これには、VPN による PPTP over NAT のサポートも含まれます。

  • 独立した論理ネットワークを作成するために追加の仮想ネットワークを作成します。この機能は、Fusion Pro でのみ使用できます。

  • NAT での IPv6 のサポートは、追加の仮想ネットワークにのみ適用され、Fusion Pro でのみ使用できます。

サウンド

  • サウンドの入出力には、Mac のデフォルトの入出力設定を使用します。

  • Creative Labs Sound Blaster ES1371 AudioPCI サウンド カードをエミュレートします。MIDI 入力、ゲーム コントローラ、およびジョイスティックはサポートされません。

  • HDAudio